体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湯上りに食べたい♪人気温泉地で外せないおすすめグルメ【九州】

湯上りに食べたい♪人気温泉地で外せないおすすめグルメ【九州】 佐嘉平川屋

この冬のお出かけ、どこに行って何をしたらいい?そんなお悩みの方に、人気温泉地でグルメと温泉をダブルで満喫するお出かけをオススメします。

嬉野温泉では、美肌の湯を入浴&名物料理で満喫したり、有明海沿いの美食温泉である、たら竹崎温泉では、ブランド食材の竹崎カニを食したり…。人気の温泉地に行ったら、絶対に外せないご当地グルメばかり!

今回ご紹介する6つの温泉地は、立ち寄りスポットが充実の温泉地をピックアップしているので、ぜひ参考にお出かけしてみてくださいね♪

嬉野温泉【佐賀県】

トロトロ浴感で肌ツルン!?温泉湯どうふでポカポカ。

嬉野温泉の代名詞と言える「美肌の湯」は汚れを洗い流し、潤いを与えてくれるという優れた泉質。そんな名湯を使った名物グルメを食べて、内側からもキレイを目指そう。

●泉質/ナトリウム炭酸水素塩-塩化物泉

●効能/一般的適応症のほか、切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病 嬉野温泉

問合せ/嬉野温泉観光協会

TEL/0954-43-0137

「嬉野温泉」の詳細はこちら

豆富と佐賀牛と日本料理 十一口

2016年7月オープン 庭園美と湯どうふを堪能。

豆富と佐賀牛と日本料理 十一口 湯どうふ雑炊or炊き込みご飯(+100円)をチョイス。デザートに、豆腐のババロアも 豆富と佐賀牛と日本料理 十一口 名宿「旅館 吉田屋」が新たにオープンした食事処 豆富と佐賀牛と日本料理 十一口 和の趣ある外観を目印にお店を訪ねよう

築40年の日本家屋を改装し、美しい庭園を眺めながら、佐賀牛や温泉湯どうふを中心とした日本料理が味わえる。とろとろの豆腐はごまベースのオリジナル特製ダレとご一緒にどうぞ。 豆富と佐賀牛と日本料理 十一口(といろ)

TEL/0954-28-9278

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲377

営業時間/12時~15時(LO14時)、18時~21時30分(LO21時)

定休日/火、水(不定) ※年末年始休みあり、要確認

料金/十一口の豆富御膳1620円

アクセス/長崎道嬉野ICより10分

駐車場/30台

「豆富と佐賀牛と日本料理 十一口」の詳細はこちら

宗庵よこ長

嬉野名物発祥の店で絶品豆腐と秘伝の湯汁を。

宗庵よこ長 最後の一滴まで飲み干してしまう濃厚なおいしさ 宗庵よこ長 手打ちうどんなど他メニューもあり

嬉野産大豆と本にがりで作る自家製豆腐を嬉野温泉水で煮込んだ温泉湯どうふは角が溶け、ふわとろ食感。白濁した秘伝の湯汁には豆腐の甘みが溶け込んで、煮込むほどに一層旨みが増していく。 宗庵よこ長(そうあんよこちょう)

TEL/0954-42-0563

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2190

営業時間/10時~21時

定休日/水(祝日の場合は前日、または翌日)※年末年始休みあり、要確認

料金/湯どうふ定食850円

アクセス/長崎道嬉野ICより10分

駐車場/14台

「宗庵よこ長」の詳細はこちら

とうふの佐嘉平川屋 嬉野店

鉄鍋でぐつぐつとろ~り シメの雑炊もお楽しみ♪

とうふの佐嘉平川屋 嬉野店 湯豆腐、ご飯はおかわり自由 とうふの佐嘉平川屋 嬉野店 豆腐で作るデザートも充実

創業60余年の豆腐の専門店。佐賀産の大豆で作る「温泉湯豆腐」は鉄鍋でぐつぐつと煮て、とろとろに溶けたところをごまダレやポン酢で味わう。シメに残り汁で作る雑炊もぜひ食べたい! とうふの佐嘉平川屋 嬉野店

TEL/0954-43-1241

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1463

営業時間/10時~17時(LO)

定休日/1月1~3日

料金/温泉湯豆腐定食1350円(※平日は1080円)

アクセス/長崎道嬉野ICより5分

駐車場/8台

「とうふの佐嘉平川屋 嬉野店」の詳細はこちら

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。