ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体ポカポカ心も満足! 寒い冬は“鍋ダイエット”が最適

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
体ポカポカ心も満足! 寒い冬は“鍋ダイエット”が最適

寒い冬は、鍋好きにはたまらない季節です。実は、鍋料理は低カロリーで野菜もたっぷり摂れるダイエット向きの料理なのです。たっぷり食べて体も心もポカポカに! 寒い冬は、ぜひ、鍋ダイエットに挑戦してみてください。

“鍋ダイエット”で痩せられる理由

鍋料理には、野菜や肉、魚介類など、いろいろな食材を入れますよね。これが、鍋ダイエットで痩せられる秘密です。ダイエットというと、○○ダイエットのようにひとつの食品だけ食べてしまうことが多くなりがち。栄養素はお互いに補い合って働くので、摂取する栄養素の種類が少ないと、せっかく食べても上手く働くことができないのです。鍋料理ならいろいろな栄養をまんべんなく摂れるうえ、ダイエットの目的に合わせて、食べたい具材を入れることができます。お腹にも溜まるので、置き換えダイエットとしても◎ですね。

“鍋ダイエット”で使う具材はダイエット向き!?

鍋料理では大量の野菜が食べられるのがメリットです。緑黄色野菜を始め、自分の好きな野菜をたくさん入れて食べましょう。ダイエットには欠かせないビタミンやミネラルが豊富に摂れるのはもちろん、食物繊維もたっぷり摂れるので、便秘解消にも効果的です。ダイエット時に不足しがちなのがタンパク質です。タンパク質は筋肉の元になる栄養素でもあるので、不足すると筋肉が減ってしまい、ダイエットには逆効果なのです。鍋料理で使う食材は、豆腐やつみれ、白身魚や貝類など、タンパク質が豊富でしかも低カロリーなものばかり。たっぷり食べても、鶏鍋で360kcal、野菜鍋で200kcal、湯豆腐なら100kcal程度なんですよ。

成功する“鍋ダイエット”の注意点

鍋ダイエットで成功するためには次のようなことに気を付けましょう。

○夜の鍋料理はご飯と置き換える

いくら低カロリーの鍋料理でも、ご飯をたっぷり食べてしまったらカロリーオーバーになってしまいます。朝、昼、晩と味を変えて毎食食べてもいい鍋料理ですが、夜はご飯と置き換えて食べるようにしましょう。ご飯の炭水化物は、体を動かすエネルギーになる栄養素でこれから休息という夜は不要です。もちろん、朝食や昼食はしっかり主食を食べましょう。

○野菜はたっぷりと入れる

鍋に入れると嵩が減ってしまう野菜は、とにかくたっぷりと入れましょう。野菜の量が少ないと、締めのご飯が欲しくなります。野菜をたっぷりお腹に入れれば、それだけで満足。できるだけいろいろな種類の野菜を入れることで、栄養もまんべんなく摂ることができます。また、鍋料理は野菜から食べることで、血糖値の上昇を防ぐことができるので、ダイエットに◎です。

○タンパク質はあっさりしたものを

ダイエット中でも基礎代謝を保つためにはタンパク質の摂取が必要です。せっかく低カロリーの鍋料理なのですから、肉よりも豆腐、脂の乗った魚よりも淡泊な白身魚を選びましょう。たまには肉も食べたいと思ったら、脂分の少ない赤身の肉を。せっかくの鍋ダイエットなのですから、ロースやバラ肉など脂分の多いものは避けましょう。

鍋料理は、いくら食べても飽きない程、いろいろな種類があるのも魅力ですね。ポン酢に飽きたら、トマト鍋、豆乳鍋、キムチ鍋、チゲなど、違った味を楽しんでくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。