体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『おきなわ食べる通信』 沖縄県今帰仁村の髙田勝さん家族の今帰仁アグー~食べる通信を食べてみる10食目【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170115183654j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストOtaniです。

この企画は、こだわりの食材と情報誌が届く『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。

『食べる通信』とは?

一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展開している食材付き月刊情報誌。

会費制で、読者になると各地域における農水産物の生産者に焦点を当てた特集記事を掲載した冊子と、彼らが収穫した食物が毎月セットで届けられる。

第10回は『おきなわ食べる通信』沖縄県今帰仁村の髙田勝さん家族の今帰仁アグー

第10回は『おきなわ食べる通信』沖縄県国頭郡今帰仁村の髙田勝さん家族による今帰仁アグーのソーセージを取り寄せてみました。

f:id:tabearukist:20170115183652j:plain

今や「アグー豚」の知名度は全国区となり、いただけるお店も増えております。しかし、実は一般的なアグー豚は、在来種の島豚に西洋種を交配させたハイブリッド豚である事をご存知でしたでしょうか? 今帰仁アグーは西洋種と交わっていない、限り無く原種に近い黒豚なのです。

戦後、生産性重視で西洋種の養豚が盛んになり、在来の「アグー豚」は絶滅寸前となってしまいました。そこで、今回の生産者である髙田勝さんは2000年に在来種の復興を目指し、10頭ほどの「アグー豚」から復活に着手されました。

髙田さんは「消費者の方に食べてもらう事で種の保存を達成したい」と、揺るぎない考えを持っておられます。豚の生産環境は、豚にストレスを掛けないアニマルコンフォートと言う考えに基づき整備され、餌は遺伝子組み換え作物不使用、抗生剤やホルモン剤も不使用。実に一頭一頭丁寧に手塩にかけて育てられた豚こそが、今帰仁アグーとなります。

ここまで読んでいただいたところで、肝心の味わいは、普通の「アグー豚」と違うの?と思われているのではないでしょうか。調理の前に先に結論を申し上げると、いただいてみて、圧感の脂のうまさに驚きました。

濃厚な甘みがありつつ、脂の質は上品で、ひたすら甘い脂をサラッといただけます。「脂肪融点が一般の豚よりも低く、筋繊維は細く弾力がある」点、「うま味成分であるアミノ酸が多い」点が特徴となるそうです。

掛け値なしに、今帰仁アグー、恐るべし……と言うのが率直な感想。

一緒に調理を行った友人は現地で今帰仁アグーのしゃぶしゃぶを食べた事があるそうですが、やはり圧倒的な美味しさを誇る豚肉だったそうです。

いざ調理!

今回はソテー、ホットドッグ、ポトフと、三種類の調理を行ってみました。まずはシンプルなソテーからご紹介します。ソーセージをソテーする際は、まずボイルから。沸騰したお湯にソーセージを入れ、すぐに火を止めて余熱で火入れします。こうする事で皮が破れる事を防げます。

f:id:tabearukist:20170115183653j:plain

そして、焼く時も皮を破らぬよう、焼き加減を慎重に確認しつつ、こんがりと焼き色を付けます。

f:id:tabearukist:20170115183654j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。