体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「WiiUゲームパッドの真価」を堪能できる『U-EXPLORE SPACE ADVENTURES』は結末まで見てほしいステルスアクション

『スプラトゥーン』、『スーパーマリオメーカー』と言ったヒット作が誕生したのち、生産終了によって4年で幕を下ろすことになった任天堂の据え置きゲーム機『WiiU』。そんなWiiUでも、様々なインディーゲームがリリースされた。今回紹介するのは、WiiU独占のインディーゲーム『U-EXPLORE SPACE ADVENTURES(ユーエクスプロー スペースアドベンチャー)』だ。
image00

今作は同じくWiiUで販売された『Knytt Underground(クニットアンダーグラウンド)』を始め、作家性の強いゲームを手掛けてきたスウェーデンの個人デベロッパーNifflas’Games、そしてWiiUゲームパッド、Wiiリモコンを前代未聞の形で活用したパーティゲーム『Spin the Bottle: Bumpie’s Party(国内版:わいわい!みんなでチャレンジ)』を手掛けたデンマークのKnapNok Gamesの共同開発によって制作された。

作家性の強い作品、奇抜なアイディアを特徴とする作品の製作を作った両者のコラボで誕生したのは、WiiUゲームパッドとWiiU独自の機能あってこその遊び心地を特徴とする作品だった。その魅力を下記に綴っていこう。

image01
 
image04
 
舞台となるのは未知の惑星「スぺクタクロン」。宇宙旅行会社「ユーエクスプロー社」のツアーに参加した旅行者達は小型宇宙船「スモールクラフト」を乗せた母船で現地へ向かう。だが、「スモールクラフト」を地上へ送り届ける着陸船が嵐によって墜落。スぺクタクロンの大地に不時着してしまう。

プレイヤーはそんな旅行者の一人となり、スモールクラフトを操縦してスぺクタクロンの地を探索し、何処かに墜落した救援ポッドの発見と救難信号の送信を目指す…というのが大まかなあらすじだ。

WiiUゲームパッドで小型宇宙船を操縦し、難関を潜り抜けろ!

image07
 
ゲーム内容としては横スクロールのステルスアクションゲーム。小型宇宙船の『「スモールクラフト」を操作し、ゴール(出口)への到達を目指す、ステージクリア方式で進んでいく。

スモールクラフトは小型ながら非常に多機能な宇宙船。「燃料」、「電気」の二種類のエンジンとそれに付随する「安定装置」、「スラスター」等の各種デバイス、地面に着陸する際の形状を変更できる「着陸機能」、目前の脅威の危険度を調べる「スキャナーライト」、そしてスイッチを押したりできる「照明弾」など、数多くの装備が搭載されている。
image12

そして、これらの機能を使うに当たり、WiiUゲームパッドをフル活用する。先の各種デバイスとエンジンは、全てWiiUゲームパッドに表示された「コントロールパネル」に表示されており、該当のパネルをタッチする事で、それらの機能を起動させたり、停止させたりする事ができるのだ。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。