体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一般家庭から猫見家にやってきた「そら君」

生活・趣味

今回、初めての記事掲載になりますのでドキドキしながら書きたいと思います。
猫見家では保護猫カフェとしては珍しく、一般の方からの猫の引取りも行っています。
捨て猫を見過ごすことが出来ずに助けを求めてやってくる方、ご家族がアレルギーを発症してしまい相談に来られる方など内容は様々です。

初日

タイトルの通り、「そら君」は一般の方から引き取りを行いました。
そら君の保護主さん(猫をお店にもちこまれる方のこと)は元々そら君の親猫となる3匹の兄弟猫を室内飼いされていました。この方の問題点は決定的な猫の知識が欠けていたこと。
話を聞くところによると、【兄弟ならば交尾はしないだろう】と思いこみ猫たちの去勢避妊手術を行わなかったのです。その結果当然のように妊娠そして出産。
更に猫が【1回の出産で1匹しか産まないだろう、1匹増えても家で飼えるだろう】と思っていたところに5匹の子猫が誕生しビックリ仰天!8匹も飼えないという事で猫見家に連絡がありました。
一般の方からの引取り相談を受けていると様々なケースに遭遇するものですが、この保護主さんにはずいぶん驚きました・・・。

引取りに関しては事前に行っていただく条件が多数あります。
この件については長くなってしまうのでまたの機会にしますね(笑)

そんな経緯があり、そら君含め5兄弟を猫見家で引き取ったわけですが、そら君以外の4匹は無事に新しいおうちに行くことができました。
とっても可愛い兄弟達。良いご縁があり、ほんとうに感謝です。

そら君を家族の一員に!!という方も今までに5組いらっしゃいました。が・・・
いずれも譲渡には至っていないのです。
その理由は?といいますと、そら君はクラミジア(主に慢性的な結膜炎などの症状が出る)という感染症に感染しているキャリア猫だからです。
しかしクラミジアの症状が出ないように他の猫たちも含め、しっかりワクチンも継続して行っていますし、幸い、長い時間接しているわたしたちや猫見家の猫にも感染は全くしていません。

そら君にお声をかけていただいた方に説明をしますと、クラミジアのことがネックなのか、キャンセルされてしまいます。好きで感染したわけではないのに・・・と思ってしまいますよね。
他の保護団体さんでもハンディキャップのある猫の里親探しを頑張っているところはたくさんあると思いますが、猫見家でもそんな猫たちが1匹でも幸せになれるように頑張っています。

とっても食いしん坊で元気な男の子。そして「ボクはボク」という感じでかなりマイペースなそら君もすっかり(身体も心も)大きくなり今年の5月で3歳を迎えます。生後3か月の頃に猫見家にやってきたので、時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

開き4

人に対してとてもおおらかで怒りません。のんびり屋さんの彼ならではです。
大きくてモフモフ、抱き心地がバツグンです。触れ合う人々をメロメロにしてしまいます。
そして遊び好き、人を枕にして寝るのが大好きです。
腕に抱きついて寝る姿はとても可愛いのですが、しばらくの間動けなくなってしまうので注意です(笑)

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会