ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格】「管楽器リペア技術師」 ~“楽器のお医者さん”として、好きな音楽業界で働ける~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170126144833j:plain

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。できれば好きなことで稼ぎたいけど、何から始めたら良いのか、本当にそれで食べていけるのか不安…。それなら、資格の勉強を通してノウハウを学び、ムリなく自分の夢をカタチにできる方法を知る、というのはいかがでしょうか?もしかしたら、共に支え合える仲間も手に入るかもしれません。それに、そこで得たスキルで誰かを笑顔にできたら…とっても素敵ですよね。

というわけで、資格情報誌「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「国立音楽院認定 管楽器リペア技術師」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

“楽器のお医者さん”として、活躍するための技術が身につく資格。

社会人になってから、再び音楽の道をめざすことも可能

だから稼げる!「稼げる資格」編集長の注目ポイント

サックスやトランペットをはじめ、管楽器の調整や修理を行うプロとしてのスキルを証明する資格。デリケートで奥深い管楽器の修理には専門のスキルが求められるため、音楽愛好家を陰で支える希少な技能者として活躍可能。顧客の要望をしっかり受け止め納期通り仕上げることができる技能者のなかには、独立し工房をオープンしている方も多くいらっしゃいます。音楽経験を活かせるプロの資格の一つです。

どう稼ぐ?

メーカーや楽器店への就職、工房を開いて独立などさまざま

資格取得後は、楽器メーカーや楽器店、音楽工房などで活躍することができる。管楽器リペア工房を立ち上げるなど、独立開業をめざすことも可能。個人の修理依頼に対応するほか、中学校や高校などと連携して吹奏楽部をサポートする場合もある。

どう学ぶ?

実技中心のカリキュラムで高いリペア技術をマスター

国立音楽院の管楽器リペア科で学ぶ。管楽器の構造や工具などの知識を習得し、同時に実践を通じてスキルを身につける。管楽器リペアに関する授業のほか、楽器演奏の実技レッスンも受けられる。2年本科のほか、1年コースもあり。

どんな資格?

管楽器の調整や修理を行う技能を、養成校である国立音楽院が証明する資格。所定のコースの修了者が対象。

主催団体

国立音楽院

受験資格

国立音楽院の所定コースを学び、カリキュラムを修了すると資格が取得できる

目安となる取得期間

1年~2年

いかかでしたか?あなたにとって「国立音楽院認定 管楽器リペア技術師」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

大切なのは一歩踏み出す勇気。ぜひともこの資格と共に、いつの時代にも「稼げる力」を手に入れましょう。

構成/文 ケイマナニュース!編集部

※この記事は2017年2月時点での情報を基に作成しています。

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格】「デコアーティスト」 ~フリマアプリでハンドメイド作品を販売し、お手軽在宅ワークも~
【稼げる資格】「アロマボディセラピスト」 ~プロとして幅広いニーズに対応できる。起業の道も~
20~30代の男性に人気の習い事はコレだ! 2016年度 人気おケイコランキング  

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。