ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小袋成彬、イギリス南部にある港町に思いを馳せる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

小袋成彬、イギリス南部にある港町に思いを馳せる
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。前週、前々週ではクラシックやオペラの歴史についての内容でしたが、2月3日(金)のオンエアでは、小袋が最近よく聴いているという新譜を紹介。それを“ハブ”(軸)にさまざまな話を展開していきました。

番組で小袋は、Bonoboの「Break Apart(feat. Rhye)」を紹介。Rhyeの歌声を聴いたときに小袋は「男の人がこんなきれいな歌声で歌うんだ」と衝撃を感じたそう。この楽曲は、2017年に「Migration」というアルバムを出したトラックメーカーBonoboの作品。イギリス・ブライトンのアーティストで40歳ほどのため、キャリアもあるトラックメーカーだそうです。

「今年に入ってThe xxとかショーンとかトラックメーカー系のアルバムが出た中で、Bonoboがあんまり日本で話題になってなかったんですけど、すげえいいんですよ。僕は、けっこう好きでBonoboよく聴いてます」と語る小袋。しかしBonoboについて…ではなく、「ブライトンについては『行ってみたい街だな』というのですごい調べたことがあって」と、“Bonoboが住んでいる街”について詳しいよう(笑)。

ブライトンは、イギリスの南部にある港町だそうですが「LGBTや芸術に非常に寛容な街」で、ナイトクラブや小劇場がたくさんあるのだとか! 「そして毎年5月に、“ブライトンフェスティバル”っていうのがあって。市民が参加するんですけど、その参加者がなぜか思い思いの仮装をする芸術祭なんですよ」と、興味深いフェスを紹介する小袋。職人の仕事場や工房を一般開放するというコンセプトのため「芸術家にとって開かれた街なんですよ」とのこと。

「そしてブライトンと言えば…」と、小袋が思い出したのが、Fatboy Slimが2001年と2002年に行った“Big beach boutique”というビーチパーティ。「SNSが無い時代に25万人を集めて。海岸線が観客で埋まっちゃったっていう伝説のビーチパーティがあって。動画を見るとFatboy Slimが楽しそうにDJしてて、人が揉みくちゃになってて…」と、少し羨ましそうにも語る小袋。そんなブライトンに思いを馳せながら「おもしろい街なので機会があれば行ってみたいと思います」と語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 24時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。