体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大発表!もう一度行ってみたい東北の人気温泉地ランキング2017

大発表!もう一度行ってみたい東北の人気温泉地ランキング2017 妙乃湯温泉

1年の旅はじめにかかせない、人気温泉地ランキング2017が発表されました!

そこで今回は、東北在住のじゃらんユーザー699人が選んだ東北の上位温泉地20と、全国のじゃらんユーザー11713人が選んだ全国の上位10を発表致します♪

行ったことのあるアノ温泉地や、あなたの好きなアノ温泉地はランクインしているでしょうか?!

ランキングを参考に、次の旅先にぴったりな温泉地をみつけて、さっそく旅のプランニングをしてみてはいかがでしょうか?

※人気温泉地ランキング2017 調査概要

【調査時期】2016年8月16日(火)~2016年8月31日(水)

【調査対象】『じゃらんnet』会員

【調査方法】インターネット上でのアンケートを実施

【回収数】11,713人

【有効回答数】11,713人

【対象温泉地】全国計331の温泉地を選択肢として設定

1位 秋保温泉【宮城県仙台市】

人気の理由

「市街地から近い」といった抜群のアクセスで「自然が豊か」な温泉場へ行ける手軽さを挙げる人が多い。お気に入りの宿があり再訪率が高いのも特徴だ。

温泉DATA

【開湯年】1500年程前(西暦500年頃)

【源泉数】21本

【湧出量】不明

【主な泉質】単純温泉、ナトリウム・カルシウム塩化物泉、硫酸塩泉など

【宿泊施設】20軒。大型宿を中心に、和風から洋風、カップルから家族向けなど幅広いタイプが揃う。

【日帰り温泉施設】16軒

【グルメ】ソバなど

時代を牽引するリーダー的存在。

歴史を遡ること古墳時代後期。当時の皮膚病治療に使われて以降、秋保温泉の繁栄の歴史は始まる。藩政時代には伊達政宗公の湯浴み処として、1980年代には大型のリゾートホテルが立ち並ぶなど、常に東北の温泉地の中心的存在としての役割を担ってきた。

ホテルニュー水戸屋

3つの大浴場と16種の多彩な風呂。ホテルニュー水戸屋幅広い宿泊プランを展開

【薬師の湯 月宮殿】

露天、内湯、サウナなど計10種の多様な湯船に湯が満ちる。ホテルニュー水戸屋岩風呂/自然岩を大胆に用いた和の趣に溢れる露天風呂 ホテルニュー水戸屋丸太風呂/檜のすがすがしい香りが鼻孔をくすぐる ホテルニュー水戸屋内風呂/あたりの柔らかな湯でお肌を潤して

【薬師の湯 水心鏡】

半露天の満月風呂に陶器風呂、広々とした内風呂が楽しめる。ホテルニュー水戸屋満月風呂/満ちる湯に季節の移ろいを映しこむ ホテルニュー水戸屋内風呂/ゆったりとした広さの大浴場 ホテルニュー水戸屋満月風呂/頬を撫でる風が心地よい

【薬師の湯 梅の粧】

和の雰囲気で自然を堪能する4つの湯船があり内風呂も充実している。ホテルニュー水戸屋露天岩風呂/配された木々に四季を感じる露天風呂 ホテルニュー水戸屋内風呂/湯量豊富な大浴場。ほかに三角風呂や水風呂もある

貸切風呂まで!

ホテルニュー水戸屋大切な人や家族と。貸切風呂は趣の異なる3種類を用意
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。