ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組と会津小鉄会 血塗られた50余年史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山口組分裂後、六代目側と神戸側はそれぞれ全国の他団体との連携や取り込みを競い合う状態が続いてきた。会津小鉄会(平成11年までの名称は「会津小鉄」)もそのひとつであるが、山口組にとってその名前の“重み”は特別だ。理由は山口組と会津小鉄会の“因縁”の深さにある。

 会津小鉄会の歴史は山口組よりも古い。幕末、京都の治安維持を目指す「京都守護職」を務めた会津藩の武家奉公人だった上坂仙吉は、「会津の小鉄」の異名を取る有名博徒だった。やがて博徒組織として、京都における一大勢力となった。

 山口組との関係は、三代目山口組の田岡一雄組長の時代に始まる。

 昭和30年代、京都は会津小鉄会が二代で途絶え、図越利一(ずこしりいち)会長率いる中島連合会が牛耳っていた。そこに勢力を拡大中の山口組が侵攻。昭和39年には京都一の繁華街である木屋町で双方が激突し、多数の死傷者を出した(木屋町事件)。暴力団事情に詳しいジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。

「事件後、田岡三代目と図越会長との間で手打ちが行なわれました。その席で、田岡三代目が“山口組は京都の繁華街には新たに進出しない”と確約したと言われています。この時の手腕などを評価された図越会長は周囲から懇願を受け、会津小鉄会の三代目会長を継承。名跡を復活させることになるのです」

 以後、山口組の抗争史に会津小鉄会の名は頻出することになる。

 昭和59年に勃発した山口組の内部抗争「山一抗争」(*)は死者25人、負傷者は一般市民も含め約70人にのぼった。その終結にあたって稲川会の稲川聖城会長とともに、山口組と一和会の間に入る仲裁役を務めたのが、会津小鉄会の高山登久太郎総裁代行(のちの四代目会長)だった。

【*昭和59年8月、竹中正久若頭の四代目山口組組長就任に反対する山本広組長代行らが、「一和会」を結成し分裂。平成元年3月までの約5年間、双方の間で大小300以上の抗争事件が勃発した】

 友好関係を築いてきた山口組と会津小鉄会だが、平成に入ると状況は一変する。山口組が木屋町事件の手打ちを反故にして京都に侵攻、再び両者の抗争が相次いだからだ。

「当時の京都は、京都駅ビルの改築工事だけで約1000億円の予算で、総額数十兆円といわれる公共投資による市街地の開発計画もあった。それらの利権に絡みたい山口組と、利権を守ろうとする会津小鉄会とが対立した」(全国紙社会部記者)

 両者の衝突がピークを迎えたのが、平成8年の「中野太郎襲撃事件」だ。

 京都府八幡市の理髪店で、五代目山口組の中野太郎若頭補佐(中野会会長)が、四代目会津小鉄会系組員に銃撃を受け、中野若頭補佐のボディガードが相手を射殺した。

「その日のうちに会津小鉄会の最高幹部が、謝罪金を持参して山口組の宅見勝若頭のもとを訪れ、指を詰めて和解した。

 しかし頭越しに手打ちされた中野若頭補佐は納得せず、怒りの矛先を宅見若頭に向けた。平成9年、中野会の組員が神戸市内のホテルで宅見若頭を射殺したのです」(前出・伊藤氏)

 山口組内部抗争の原因をつくった形の会津小鉄会は、その後も独立性を保ちながらも山口組との関係を強めていく。

「平成17年、図越利次五代目は、六代目山口組の司忍組長の代紋違いの舎弟となった。ただし舎弟関係といっても傘下団体ではなく、会津小鉄会はあくまで独立した組織とする珍しい結びつきです。京都の利権に影響力を持つ会津小鉄会だからこそ、山口組に対しても強気を貫くことができた。

 一方、現在の山口組抗争については、宅見若頭時代からの繋がりを重視する“神戸派”と、そうではない“名古屋派”に分かれている」(前出・社会部記者)

 山口組が揺れ動く時には決まってその存在がクローズアップされるのが、会津小鉄会という団体なのだ。

※週刊ポスト2017年2月10日号

【関連記事】
山口組京都代理戦争 会津小鉄会「2人の組長」血の相克
山口組分裂 組長撲殺に伝説のボディガード関与の噂広がった
山口組元顧問弁護士 「顧問料は月20万円でした」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。