ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

富士山絶景、落ちない石…実はパワスポの宝庫!?静岡中西部おすすめスポット8選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
富士山絶景、落ちない石…実はパワスポの宝庫!?静岡中西部おすすめスポット8選 日本平

2017年も幕を開けました。

新年最初の旅先に、霊峰富士山が鎮座する静岡県はいかが?

東海地方最古の社「富士山本宮浅間大社」や、徳川家康公が埋葬された「久能山東照宮」などの歴史的なパワースポットでご利益を願うもよし、

全駅から富士山が見える岳南電車や、日の出も美しい日本平など絶景スポットで心洗われるもよし。

受験祈願にオススメの不思議な「落ちない石」などの立ち寄りスポットも必見です。

新年にふさわしい、静岡の旅をご案内します。

1. 富士山本宮浅間大社

東海地方最古の社。女性に嬉しいご利益。

富士山本宮浅間大社

創建は紀元前27年。富士山とセットの要の神社湧玉池

一番のパワースポット「湧玉池」。富士山の伏流水が湧く

全国に約1300社ある浅間神社の総本宮と称えられ、世界文化遺産。

富士山を神体山とし、富士山山頂に奥宮があります。

愛情運、対人関係の豊かさをもたらす、女性の幸せに効果的なパワースポットと言われています。

歴史的小ネタ

社殿は徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利して寄進したもの。

拝殿右手のご神木であるしだれ桜は、武田信玄の手植えの桜の二代目。

桜が開花すると普段よりパワーが満ちるんだとか。 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)

TEL/0544-27-2002

住所/富士宮市宮町1-1

営業時間/6時~19時(11~2月)、5時~20時(4~9月)、5時30分~19時30分(3、10月)

定休日/なし

アクセス/新東名新富士ICより15分

駐車場/150台(200円/1時間。30分以内無料)

「富士山本宮浅間大社」の詳細はこちら

2. 岳南電車

全駅から富士山を望む。撮影ポイントが目白押し。

岳南電車

岳南富士岡駅と須津駅の間の赤渕川を走る電車と逆さ富士

富士市内の吉原駅と岳南江尾駅間の9.2kmを走る電車。

吉原駅を出て新幹線の高架下をくぐると真正面に富士山がドン!と現れる絶好の撮影スポット。

正月には干支のヘッドマークをつけて運行。

岳南原田から比奈間の工場夜景も必見です。 岳南電車(がくなんでんしゃ)

TEL/0545-53-5111

住所/富士市今泉1-17-39

アクセス/東名富士ICより20分

「岳南電車」の詳細はこちら

3. 白糸ノ滝

絹糸のように流れる滝。女性的な美しさの佳景。

白糸ノ滝

滝つぼに降りると、マイナスイオンに包まれ運気もアップ!

高さ20m、幅150mの湾曲した絶壁の全面にかかる滝で、本滝の一部を除き、ほとんどが富士山の湧水によるもの。

幅の広さに圧倒されるも、白糸の名の如く、優しさも感じられます。

歴史的小ネタ

戦国時代末から江戸時代初期、民衆が信仰した富士講の開祖とされる、長谷川角行が修行を行った地と言われています。

富士講を中心に、人々の巡礼・修行の場となっていたそう。 白糸ノ滝(しらいとのたき)

TEL/0544-27-5240(富士宮市観光協会)

住所/富士宮市上井出273-1

営業時間/8時30分~17時

定休日/なし

アクセス/新東名新富士ICより30分

駐車場/110台(500円)

「白糸ノ滝」の詳細はこちら

4. 富士花鳥園

縁起の良いふくろうや、名花・フクシアが福を呼ぶ!?

富士花鳥園

ベゴニアの前には、正月三が日恒例の、鏡餅とふくろうのお供えが富士花鳥園

2017年1/1~3/31までは酉年の人は入園料無料(身分証提示が必要)

全天候型空調ハウス内は、約30種類、100羽のフクロウや、「女王の耳飾り」と呼ばれる花のフクシアなど、鳥や花でいっぱい。

一日3回のバードショーが人気。

ショー後は有料でフクロウの腕のせ体験ができます。 富士花鳥園(ふじかちょうえん)

TEL/0544-52-0880

住所/富士宮市根原480-1

営業時間/9時~17時(12月1日~3月31日は~16時30分)

定休日/なし

料金/大人1100円、子ども550円

アクセス/東名富士ICより45分

駐車場/300台

「富士花鳥園」の詳細はこちら

5. 日本平

日本を代表する景勝地。

日本平

日の出に照らされた富士山。青とオレンジのグラデーションが幻想的

標高307mの丘陵地。

茶畑越しに見る富士山、眼下には清水港や伊豆半島、さらに南アルプスまで見渡せ、季節ごとに様々な表情を見せてくれます。

2016年に「日本夜景遺産」にも選ばれました。

この時期は早朝の富士山が感動もの!

歴史的小ネタ

景行天皇の皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)が、野火攻めから免れ、ここに立って四方を見回した。

その姿を見た地元の人が、その名前から「日本平」と呼ぶようになったそう。 日本平(にほんだいら)

TEL/054-335-1134(日本平ホテル内・日本平観光組合)

住所/静岡市清水区馬走1500-2

アクセス/東名静岡ICより25分

駐車場/100台

「日本平」の詳細はこちら

6. 久能山東照宮

徳川家康公を埋葬。極彩色の社殿は国宝。

久能山東照宮

総漆塗、極彩色の社殿は、江戸初期の代表的建造物

徳川家康公の遺言により、この場所に埋葬。

全国に約600社ある東照宮の中で最初に創建されました。

1159段の石段を上りますが、途中909段目からの駿河湾や伊豆半島の絶景も必見です。

歴史的小ネタ

御祭神は徳川家康公ですが、実は豊臣秀吉公と織田信長公の御霊も祀っています。

戦国時代に天下統一を果たした三英傑を一緒に祀っているのは、久能山東照宮だけ。 久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)

TEL/054-237-2438

住所/静岡市駿河区根古屋390

営業時間/9時~16時(10月1日~3月31日)

定休日/なし

アクセス/東名静岡ICより30分

駐車場/200台(日本平山頂)

「久能山東照宮」の詳細はこちら

7. 御穂神社と神の道

世界遺産に登録された縁結びの神社と参道。

御穂神社と神の道

三保大明神とも称される。神域らしい空気が漂う神の道

「神の道」は樹齢200~300年の老松が続く

三保松原(みほのまつばら)入口にある神社で、「神の道」と呼ばれる松並木の参道は、降臨した神が通ったとされます。

縁結び、安産祈願の神社としても有名で、願いが叶い、お礼参りに来る人も多いそう。

歴史的小ネタ

天女が舞い降りた「羽衣伝説」ゆかりの社。

「羽衣の松」は、御穂神社の参道「神の道」の先にあり、神社の御神体。

三保松原に来たら、ここをお参りするのが習わしだったそうです。 御穂神社と神の道(みほじんじゃとかみのみち)

TEL/054-221-1421(静岡市観光交流課)

住所/静岡市清水区三保1073

定休日/なし

アクセス/東名清水ICより25分

駐車場/200台(市営駐車場)

「御穂神社」の詳細はこちら

8. 静岡浅間神社

駿河国総社で総氏神。楼閣造の大拝殿は見所。

静岡浅間神社

重要文化財指定の大拝殿

神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社、大歳御祖(おおとしみおや)神社の三社の総称。

諸願成就のご利益があると言われています。

神部神社はこの地方最古の神社であり、浅間神社は富士山本宮の分祀。

大歳御祖神社は静岡市の地主神です。

歴史的小ネタ

能楽の始祖「観阿弥」が今川家に招かれて、同社の大前に能を奉納し、その後この地で没した。

観阿弥最後の舞台としても知られていて、楼門脇には観阿弥の碑があります。 静岡浅間神社

TEL/054-245-1820

住所/静岡市葵区宮ヶ崎町102-1

営業時間/6時~18時

アクセス/東名静岡IC、新東名新静岡ICより15分

駐車場/80台

「静岡浅間神社」の詳細はこちら

9. 粟ヶ岳山頂 阿波々神社

山頂にある神社から、富士山の大パノラマ。

粟ヶ岳山頂 阿波々神社

標高532mの山頂部にある阿波々神社の磐座跡粟ヶ岳山頂 阿波々神社

2.6kmの登山道の先に広がるこの絶景!

生産の神、子授・安産成就の神を祀る阿波々神社のある粟ケ岳山頂は、穴場的な絶景スポット。

冬の空気が澄んだ日には、富士山、伊豆七島、駿河湾、さらに日本一の牧之原大茶園を一望。

山頂まで車でも徒歩でも行けます。

歴史的小ネタ

山頂には社殿がなかった時代の祭祀跡である、巨大な磐座(いわくら)があります。

また歌川広重の浮世絵に「無間山」と紹介されていて、遠州七不思議の「無間の鐘」の伝説でも有名です。 粟ヶ岳山頂 阿波々神社(あわがたけさんちょう あわわじんじゃ)

TEL/0537-27-1089

住所/掛川市初馬5419

定休日/なし

アクセス/東名掛川ICより40分

駐車場/60台

「粟ヶ岳山頂 阿波々神社」の詳細はこちら

10. 外森神社・落ちない大石

受験や就職の合格祈願に!不思議な「落ちない」石。

外森神社・落ちない大石

高所で働く職人らの守り神でもある

寸又峡近くにある外森神社。

参道を歩き、階段を上ると現れるのが、高さ7~8mはあろうかという大石。

落ちそうで落ちないことから、合格のご利益があるパワースポットとして受験生やその親が多数訪れるそう。

歴史的小ネタ

天狗が、この地に穀物の神を呼び、五穀をもたらした。

その時に天狗が降り立ったのが、この大石の上だったという言い伝えから、霊験あらたかな御神体として祀るようになったそう。 外森神社・落ちない大石(そともりじんじゃ)

TEL/0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)

住所/榛原郡川根本町寸又峡温泉

アクセス/新東名新静岡ICより1時間40分

駐車場/300台

「外森神社・落ちない大石」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

門司港だけじゃない!旦過市場に若戸大橋…北九州のレトロかわいいスポット【福岡】
新酒に雪景色も魅力♪飛騨高山の冬イベント&グルメ【岐阜】
旅のプロが厳選!城崎温泉のマイベスト「外湯」教えます【兵庫】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。