体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無敵のボディで少女を守るエスコートアクション『アトの跡 第1章』 「吸い込み」と「反射」を駆使して敵を殲滅!

古今東西さまざまな物語でみられる”いたいけな少女を守る”というシチュエーションは、男子に生まれたならば一度は夢見るものだろう。

そんな「少女を守る」という事をテーマとした”エスコート・アクションゲーム”が今回紹介する『アトの跡』である。

image10
 
本作はPCゲーム制作サークル「ほしさらい」のチャレヒト氏の主導で開発が行われ、「デジゲー博」「Bitsummit」「ニコニコ自作ゲームフェス」などのイベントに繰り返し出展されている。各イベントでは試作版をプレイすることができたが、このたび2月1日に『第1章』が正式公開となった。

関連記事:デジゲー博で見つけたおすすめ同人・インディーズゲーム12選

少女を守りつつ森を進め

本作はロボットのような姿を持つ種族「ミタイ」のアトを操作し、道をふさぐ岩や攻撃を仕掛けてくる敵などの障害を排除し、アトの足跡を追ってついてくる少女・ヒヨをゴールまで護衛することが目的となる。

アトは「反射」(バーンアクション)「吸い寄せ」の2種類のアクションを使用できる。
「反射」は障害物となる岩などを吹き飛ばすことができ、「吸い寄せ」は敵の本体や攻撃を吸い寄せることが可能だ。
image02

さらに「吸い寄せ」た敵本体や敵弾を「反射」で蹴り飛ばせば攻撃として利用できる。
特に敵本体を吸い寄せたときは敵がボール状に変化し、吸い込みの最中にこのボールを蹴り飛ばせば「狙い撃ち」となり、他の敵を巻き込む強力な攻撃手段となる。

鋼の体を持つ「ミタイ」であるアトは何度攻撃を受けてもゲームオーバーになってしまうことはない。時にはその特性を駆使し、ヒヨを身を挺して守らねばならないこともあるだろう。
ただし攻撃の受けすぎも禁物で、許容量を超えたダメージを受けるとアトはダウンしてしまう。耐久力はアイテムで回復できるほか、ヒヨがそばにいればヒヨが回復してくれるので活用しよう。

image11
 
一方で、ヒヨは敵からの攻撃に対しては一発で気絶してしまう。ヒヨが気絶すると、ヒヨに黒い烏のよう影がまとわりついていき、画面左上部に表示されるカウントダウンタイマーが0になるとヒヨが連れ去られてゲームオーバーとなる。ヒヨが気絶した場合は急いで助けに戻ろう。

ステージ構成が織りなす阿吽の呼吸

筆者は2015年5月に開催された「東京インディーフェス」にて『アトの跡』のことを知って以来、インディーゲーム関連のイベントで本作を見かけるたびに試遊を行っているが、イベントを経るごとに練り上げられていくステージ構成の妙に驚かされた。

image09
 
たとえば「吸い寄せ」の届かない木の奥に敵がいる場合、どのように敵を排除して安全を確保すればいいだろうか。

image03
 
こんな時は、敵の撃ってきた弾を吸い寄せ、反射で蹴り飛ばして打ち出せば木を貫通して敵を倒すことができるわけである。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。