ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「私の赤ちゃんが取られちゃう!」産後まさかの“ガルガル期”。仲が良かった義姉へ抱いた嫌悪感

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923192842j:plain

夫の両親と暮らし始めて数ヶ月後、念願の赤ちゃんを授かることができました。

実家での里帰り出産も検討しましたが、飛行機と電車を乗り継いでの里帰りが面倒に思えたことと、夫の側にいて父性を養ってもらいたいという思いから、義実家での出産を決意しました。それに義父も義母もとっても良くしてくれ、常に付かず離れず一定の距離感を持って接してくれていたので、その決断には何の迷いもありませんでした。

しかし、脅威となるまさかの存在が現れたのです。それが義姉。義姉は普段海外に住んでおり、私の出産に合わせて一時帰国してくれるということでした。何度も会っており気心のしれた義姉だったので、私も帰国を心待ちにしていたくらいで、まさか、義姉がストレスの種になろうとは夢にも思いませんでした。 関連記事:外の世界はまるでジャングル!忘れられない思い出になった「母性丸出しのガルガル期」 by ナナハル

さて、いざ退院の日。仕事ででかけていた夫と義父を除いて、義母と義姉が自宅で迎え入れてくれました。二人ともこれから始まる赤ちゃんとの生活にワクワクと喜びを隠せない様子で、私も嬉しくなったのを覚えています。帰宅すると間も無く義姉から「疲れているだろうから、寝てきていいよ~」と言われました。この時は何の違和感もなく、ただ「ありがたいなぁ」とその言葉に従いました。

しかし、だんだんと義姉の赤ちゃんへの溺愛っぷりが目につくようになってきました。泣けば一番先に駆けつけ抱っこ。そして「◯◯ちゃん(義姉の名前)だよ~。ママより先に覚えてね」「お世話してるのは◯◯ちゃんだよ~」と言うのです。

ちょっぴり冗談めかしてそう言っただけで、義姉に何の他意もなかったことは、今なら理解できます。ただ、産後でまだ気が立っていて、いわゆる産後ガルガル期だった私には、どうしてもそれが受け入れられず、「私の赤ちゃんなのに!」「赤ちゃんが取られちゃう!」と、不安と怒りを抱いていました。

また、一度義姉の態度が気になってしまうと、日中の何気ない言動にも腹が立つようになってきました。「時差ぼけで眠い」と言われれば、「いつまで時差ぼけを引きずってるの、夜中授乳してる私の方が眠いはず!」と心の中で毒づき、ソファーを占領されれば「そこで授乳したらって言ったのに!」と密かに文句を言っていました。

ただ、それを言えないのが嫁の弱いところ。もちろん本人に直接言う勇気はないし、やはり嫁よりも娘が可愛いであろう義母にも言えるはずはありませんでした。そんな時に限って夫は1週間の出張中だし、実家の両親に話したら心配してしまうだろうし…。慣れない育児と睡眠不足も相まって、一人でストレスを抱え込み、毎日のように泣いていました。

産後ガルガル期という言葉から、出産後の不安定な気持ちの状態があることは理解していました。理解していたからこそ、腹が立つことがあっても「これは産後ガルガル期の影響だから」と自分で自分を納得させられると思っていたのです。まさか、これほどまでにコントロールが効かないものだとは。それに、普段から仲良くしていた義姉を、こんなに疎ましく思ってしまうだなんて、本当にびっくりでした。

今は、夫の仕事の関係で自分の実家に身を寄せています。現在第2子を妊娠中なので、2回目の出産は実家で行う予定です。さあ、次の産後ガルガル期はどうなることやら…。自分のことながら、どんな感情を抱くのか興味深いような不安なような、不思議な気持ちでいます。 関連記事:ガルガル期、義母や実母の手伝いが”余計なお節介”に見えたら…その時夫と自分がすべきこと3つ

著者:iwaosyuki

年齢:30代

子どもの年齢:1歳

宮崎と福島を行ったり来たりしながら子育てに奮闘する1歳のママです。夫と私、双方の両親にお世話になりながら日々乗り切っています。現在第二子を妊娠中。目下の興味はお腹の子の性別です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まさか自分が探す側になるなんて。「あっ! 子どもの靴が片方ない!」を防ぐ小ワザ
どんなに先手を打っても、なぜか遅刻寸前に。イヤイヤ期のおでかけに必要な場所とは? by 横峰沙弥香
勢いよくうがいするような音にびっくり!新生児のミルク吐き戻しであわや窒息の危機

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。