体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【バレンタイン2017】シニアにあげるなら、こんなチョコ。キーワードは”健康”!

日本は高齢化社会に突入。バレンタインデーと言えどもその影響を受けずにはいられない。近年はシニア世代もバレンタインチョコのやり取りを行う人の方が多いんだとか。実際に職場やご近所、はたまた義理の父にあげる真の義理チョコなど、シニア相手に贈るチョコに悩んでいる人も多いのでは? そこでおたナビは『シニアにあげるなら、こんなチョコ』としてセレクトしてみた。

“健康”を前面に押し出したチョコならば、健康不安を抱えがちなシニアにも魅力的!

「甘いものは苦手だ」とか言いながら、もらわないとムクれてしまうシニア男性は珍しくない。生涯現役を気取っている男性にとっては、いくつになってもチョコの数はモテの数であり、男の沽券にかかわる問題なのである。

 

そうなると周囲にいる女子及び元女子も、無視するわけにもいかない。当然シニア間の本気チョコもあっていいのだが、義理チョコも負けずに増えていくのが現状だ。ただ健康面の爆弾を抱えがちなシニア、さらに辛党となると、なかなかチョコ選びも工夫が必要。


そんな時意識したいワードは、ずばり”健康“。かつては虫歯や肥満など、諸悪の根源ともいうべき扱いを受けていたチョコレートだが、現在のチョコ・シーンは多いに変化している。

 

そのきっかけとなったのは、カカオ含有率を高めたハイカカオ・ブーム。実はそれを牽引しているのは、シニア世代だというのだ。カカオは抗酸化物質であるポリフェノールを豊富に含んでいるところから健康効果が期待されており、日々のチョコ摂取がシニア世代にも定着し始めているという。

 

ということで、健康志向のチョコレートこそが、シニアにあげるべきチョコだとわかった。それではおたナビ編集部が3品を選りすぐったので、順に見ていこう。

 

シニアに喜ばれるバレンタインチョコBEST3

第1位●「ドクターズチョコレート サクッto COBARA」

(株式会社マザーレンカ・17g×5袋・希望小売価格 税抜2,000円・2016年12月21日発売)

このチョコがすごいのは、全国の調剤薬局、病院、クリニックなどで販売されていること。つまり限りなく医療に近い存在のチョコレート。サクサク食感の良質な大豆のキューブに、最高級のベルギー産チョコレートをしみこませ、さらにシールド乳酸菌を加えたという健康真っ只中の作り。


糖尿病の食事療法で推奨されている食材・大豆の採用で低糖質で腹持ちが良く、低カロリー・低GI値も実現。もちろん血糖値を急上昇させる砂糖は不使用。朝ごはんがわりの“朝チョコ”としてもおすすめの製品だ。


食べてみると甘さ控えめの硬めのしみチョコタイプ。クセもなく、普通に美味しい。健康志向チョコレートの中でもかなり美味しい部類に入るはず。ただ入手が少々難しいかも。見つからない場合は公式サイトで。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。