体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的

生活・趣味
世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的

ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最小限に抑えながら最適化された構造になっているため、こうした滑らかな外観になっているのだそうです。無駄を省き、頑丈さも追求できるとか。これから、このような形の建築物が増えていくのでしょうか。

設置された場所は、スペイン・マドリード州にあるアルコベンダス。橋の長さは12メートル、幅は1.75メートルと小ぶりですが、世界で初めての例となります。世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的世界初の「3Dプリンター製の橋」は、滑らかな形が特徴的

このプロジェクトには、“The Man Who Prints Houses(家をプリントする男)”と呼ばれるエンリコ・ディニ氏が開発した、「D-Shape」という大型3Dプリンターが使われました。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会