体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年の世界タブレット出荷台数は2年連続でマイナス

IDC は 2 月 2 日(米国時間)、2016 年 Q4 および 2016 年通期の世界におけるタブレット出荷台数に関する調査結果を公開しました。IDC の調査結果によると、2016 年 Q4 の出荷台数は前年同期比 20.1% 減の 5,290万台で、9 四半期連続で減少しました。また、2016 年通期の総出荷台数も 2 年連続でマイナスとなる 1 億 7,400 万台。前年比 15.6% も減少しています。タブレット市場は減少の一途を辿っており、Apple や Samsung、Lenovo といったトップメーカーたちも軒並み出荷台数を減らしていました。しかし、Amazon と Huawei は出荷台数を大幅に増やしています。Amazon のタブレットは安価で Amazon サービスを利用できるという高い付加価値があります。また、Huawei のタブレットはマルチメディア機能に優れている製品や、セルラー機能を搭載した製品が多く、他社にはない魅力を提供しています。そのため、今の市場ニーズにおいては、安価であることや他社にはない嬉しいと感じさせる要素が必要なのかもしれません。Source : IDC

■関連記事
Galaxy Tab S3にはSペンがバンドル?
Google、今四半期中に「Google Nowランチャー」の公開を終了へ
自分だけのトランプ大統領令を作成できる「Donald Draws Executive Doodle」がリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。