体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES 2012:Intel、”Medfiled”ベースのAtom Z2460を搭載したスマートフォンリファレンスとLenovoのタブレット試作機を披露

Intelが32nmプロセスで製造される”Medfiled”ベースのAtomプロセッサーを搭載したスマートフォンのリファレンスモデルやLenovoが製作したタブレット試作機をCES 2012で披露しました。まず、この2機種に搭載されている”MedfiledベースのAtom”プロセッサーの型番は「Z2460」になるそうです。CPUはx86のシングルコア1.6GHzでハイパースレッディング(HT)対応。GPUはPowerVR SGX540。スマートフォンのリファレンスモデルはIntel製作のもの。画面サイズは4.03インチ、解像度は1,024×600(WSVGA)。これにAtom Z2460とHSPA+に対応した通信用のチップセット「XXM 6260」を搭載。カメラは背面に800万画素と前面に130万画素を搭載。リアカメラでは1080p動画の撮影も可能。内蔵ストレージの容量は16GB。バッテリー容量は1,460mAhで、スタンバイ時間は14日間、3Gでの音声通話時間は8時間、3Gでのブラウジング5時間、1080p動画の再生で6時間、音楽再生時間は45時間とされています。OSはAndroid 2.3.7(Gingerbread)Lenovoのタブレット試作機の画面サイズは10.1インチ、解像度は1366 ×768ピクセル。厚さ8.9mmという比較的薄い筐体にAtom Z2460を搭載。microUSBやmicro-HDMI、microSDカードスロットなども搭載し、NFCにも対応。OSはAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)Source : EngadgetThe Verge


(juggly.cn)記事関連リンク
シャープ製「DM012SH」がBluetooth SIGの認証を通過
Sony Ericsson、2月のMWC 2012でXperia新機種を発表か?2月26日にプレスカンファレンスを開催
ドコモスマートフォンラウンジで「MEDIAS LTE N-04D」と「Q-pot.Phone SH-04D」の展示が開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。