体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【坊主めくり】 『お坊さんはじめました』新章突入/彼岸寺 創設者 松本圭介さん(3/3)

【坊主めくり】 『お坊さんはじめました』新章突入/彼岸寺 創設者 松本圭介さん(3/3)

『彼岸寺』創設者、松本圭介さんインタビュー最終回です。
松本さんは最初の著書『お坊さんはじめました』を書いた当時、「何ができるんだろう?」「何でもやってみよう」とぐいぐい行動しておられました。この本を読んで元気づけられた若いお坊さんも多かったのではないでしょうか? あれから6年が経った今、インドでのMBA留学を経て帰国された松本さんに、「次は何をするんだろう?」と熱い注目が集まっています。まさに「『お坊さんはじめました』新章突入」のときがやってきたからです。

お寺、そして仏教界がにぎわい活気づいていくためには、やはりその担い手であるお坊さんのパワーが必須です。それも、専門性の異なる個性的なお坊さんたちが活躍する多様性があってこそ、お寺にダイナミズムが生まれエネルギーが循環していくのではないかと松本さんは言います。そのお手伝いをするためにできることは何か? その問いへの答えのひとつが、松本さんが準備している『未来の住職塾』なのだと思います。

今回は、『未来の住職塾』、松本さんが「30年後にこうなったらいいな」と思う仏教界についてお話を伺いました。恒例の『坊主めくりアンケート』もあります。最後までお楽しみください。

『未来の住職塾』でお坊さんをサポート

――以前、日本のお寺の住職は宗教者とお寺の経営者を両立するのが難しいと書かれていましたね。

そうですね。たとえば、台湾は禅宗の尼僧さんが多いんですけど、自給自足の生活でけっこうちゃんとした修行生活を送られています。宗教的な核があって、周りに信者さんたちがいて組織的運営を担うというかたちで比較的上手にまわっています。

日本のお寺は、ひとりの住職が引き受けているものが多すぎると思います。宗教者と経営者は、ある程度のレベルまでは共存できると思うし、普通のお寺の住職は共存させながらなるべく高いところまで目指すべきだと思います。でも、その先になると専門性を持って分かれていかざるを得ないんじゃないかな。宗教性の方向で専門化しているのは、たとえば小池龍之介さんだったりするんだと思います。

同じお坊さんでも、本人の特性はそれぞれに全然違うしひとくくりするには限界があるんですよね。専門性を持つお坊さんがたくさん出てくることによって、全体のダイナミズムが生まれてきて仏教界が活性化されるのではと思います。

――著書で触れられていた『住職の学校』は、宗教者と経営者という面を共存させながらレベルアップするためのアイデアになりますか?

一般的に、宗門での教育は宗教的な部分だけで、お寺をどう運営するかということについては教えてくれないんですね。だから、マネジメントの力を上げて、宗教者と経営者という二つの側面のバランスを取りながら総合的なレベルアップを目指すためのものですね。

また、お寺という非営利法人が活気を持ってまわっていくためには、宗教者としての魅力がないとうまくいかないと思うんです。ある程度、宗教者としてちゃんとしていることが、お寺を運営するうえでも重要なんだということを、お寺の外側からの位置づけられる目線を持っていることも大切で。そういうこともあって、『住職の学校』をやりたいなと思っています。

――具体的な開講予定は決まっていますか?

『未来の住職塾』という名前で、11月からまずは単発のセミナーを企画しています。本格的なスタートは2012年春からになる予定です。半年×2回、1年間で卒業という形で、講義と併せて具体的な企画を実践してもらう場を設けることを考えています(『未来の住職塾』のセミナーは、20112年1月13日に開講し、全国からお坊さんが集まり大盛況となりました。次回以降の開催に興味のある方は、info@higan.net 宛にメールにてお問い合わせください)。
 

これからのこと、30年後のお寺のミライ

光明寺 テラスから境内墓地、東京タワーを望む

――今後の活動は、『彼岸寺』を中心に展開していかれるのでしょうか。

『彼岸寺』というよりは、IBA(Inter-Buddhist Association)としてですね。IBAの名前はまだあまり表に出していませんが、私と青江、松下、星覚の4人を理事として3、4年前に公益法人を設立しました。『彼岸寺』などの活動をもっと大きく展開していくため、法人的な立場の整備も必要だと思ったんです。他には、『暗闇ごはん』やiPhoneアプリ『雲堂』などがあって、今後もいろんな活発な動きが出てくるでしょうし、私はマネジメントを勉強してきたし事務方を担いたいなと思います。もうひとつは、これから始める『未来の住職塾』などを通じて、やる気のある若い人たちにも仲間を広げて共有していきたいですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。