体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1~2月の寒仕込みなら失敗知らず!? ビニール袋で自家製味噌づくりにトライ☆

f:id:ponparemall:20170202220859j:plain

dorry / PIXTA(ピクスタ)

腸活ブームで、改めて注目されているお味噌。せっかく食べるなら、余計な添加物などが入っていない、自家製味噌なんていいなぁ…と思いませんか? そこで自家製の味噌づくりに挑戦! 難しそう…という予想を裏切って、ビニール袋で簡単に作れるとか!? 『はじめての手づくり食品100』など多数の料理本の著者・黒田民子さんに、ビニール袋での味噌づくりを教えてもらいました。

3つの材料だけで、初心者にも意外に簡単!

f:id:ponparemall:20170202213912j:plain

【材料】

・大豆 250g

・米麹 250g

・塩 120g

【作り方】

1)大豆をしっかり洗う

f:id:ponparemall:20170202213913j:plain

まずは、メインの材料となる大豆を洗うところから。

「一見キレイに見える大豆も、意外に汚れがついているもの。ボウルなどに大豆を入れたらやや多めの水を入れ、1〜2分置きます。大きめの汚れがあったら水面に浮いてくるので汚れと一緒に一度水を捨て、少量の水を入れて洗います」(黒田民子さん・以下同)

f:id:ponparemall:20170202213914j:plain

その後、少量のお水でお米を研ぐように豆と豆を軽くこすりあわせて洗い、水がにごったら捨てて新たな水を。3~5回で水が澄んできたところで完了です。

2)洗った大豆を一晩水に浸ける

f:id:ponparemall:20170202213915j:plain

洗った大豆は、分量の約3倍の水に浸けて一晩おきます。

「薄皮がはがれたら、なめらかに仕上げたい場合は取り除き、ざらつきを気にしない場合はそのまま残します。大豆は芯まで水を吸うことでしっかり炊きあがるので、できれば15~18時間ほどかけて浸けましょう。水を吸うと2倍ほどにふくらむので、浸ける際には大きめの鍋やボウルで」

3)浸けた水ごと、大豆を4時間煮る

f:id:ponparemall:20170202213916j:plain

一晩浸けてふくらんだ大豆を、浸けた水ごと煮ます。

「最初に沸騰した後は弱火にし、あくを取りながら約4時間。大豆をたてにつまみ、簡単につぶれる状態になるまでやわらかく煮上げます。圧力鍋を使う場合は、大豆の量の3倍以上入る容量の鍋で、約30分」

最後は写真のように水分も減少。長時間煮るので、目を離さないよう要注意!

4)煮汁と豆を分ける

f:id:ponparemall:20170202213917j:plain

煮た大豆をざるにあげ、煮汁と大豆を分けてボウルなどにあけて、あら熱を取ります。

「やけどしない程度の温度になれば、次の作業を始めて大丈夫です」

5)大豆をビニール袋に入れて、つぶす

f:id:ponparemall:20170202213918j:plain

温かいうちにジップ付きのビニール袋に大豆を入れ、つぶして行きます。手で押したり、綿棒や重めの瓶などでもんだり、軽く叩いたり。

「目標は耳たぶくらいの硬さ。やわらかく煮えているはずなので比較的簡単につぶれますが、硬い場合は、分けた煮汁を少しだけ加えます」

実際やってみると、最初はすんなりつぶれますが、ペースト状にするには多少力が必要。また袋にある程度の余裕がないと破れてしまうので、大きめの袋を用意するのも大切!

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。