ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

留学先におすすめの10都市!今年こそ語学留学にチャレンジしたい方へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
留学先におすすめの10都市!今年こそ語学留学にチャレンジしたい方へ

留学先はどこにしたら良いのか、お迷いの方が多いと思います。 語学留学は、履歴書でアピールできる、数多くの経験やスキルを得られる最高の体験です。 バイリンガルになることは多くの場面で役に立ちますし、 友人の輪を世界へ広げ、 あなた自身の視野も大きく成長するでしょう。

数ある語学留学先の中から、 自分の目的に合った都市を選ぶことは、皆さん留学前に悩む1つの課題ではないでしょうか?学びたい言語が決まったら、実践の場として留学に挑戦できる、そして留学生活を楽しめる都市を選ぶ必要があります。今回は、留学先を決めかねているあなたへ、おすすめの留学先10都市をご紹介します!

 

1.ロンドン

英語力を磨きたいなら、ロンドンはまさに王道と言える都市。本場のクィーンズイングリッシュを学びたい方は、イギリス留学で叶えることができます。大都会のロンドンはミュージカル、グルメ、歴史的スポットやイベントが目白押しです。毎日様々なアクティビティにチャレンジすることで、英語を使う機会が増え、英語力向上を実感できるでしょう。

また、ロンドンは美食の街でもあり、多国籍民族のレストランやお洒落なカフェが沢山あります。英語だけでなく、異文化体験や生活そのものを楽しめるのが、ロンドンの魅力です。

多国籍な大都市なだけあって、英語があまり上手でない人もいる為か、現地の人々も辛抱強く話を聞いてくれる人が多いように感じます。そんなロンドンは、英語力を磨くのに最適な街と言えるでしょう。

 

2.シドニー

永遠の太陽の輝き、年中通して気候は暖かく、青い海が波を立てるシドニー。これらはまさに、シドニーに移住するべき理由ともいえるでしょう。しかし、それだけで留学先に最適な場所と言えるのでしょうか? 留学に飛び立つ誰もが、現地の人々と交流をしたいと考えていると思いますが、シドニーの人々はとってもフレンドリーです。

勉強の合間にカフェで一休み中に、気さくなバリスタから声をかけられたり、ビーチで遊んでいる最中に、サーフィンのインストラクラーとたわいない会話が始まったり、色々な人との軽快なトークに慣れることができます。

このようなスモールトークを重ねるうちに、オーストラリア英語表現が自然と耳に入ってきたり、英語の基盤が強固なものになっていくでしょう。

 

3.パリ

フランス語をマスターしたい方にはパリがおすすめです。「パリに住みたいからフランス語を学ぶ」という声もよく聞かれます。それほど魅力のあるヨーロッパの都市はパリ以外ないのでは?フランスの豪華絢爛な歴史に触れたり、美食を堪能したいなら、パリほど留学先に適した都市はないでしょう。

セーヌ川のほとりを散歩したり、ランチタイムに公園でバゲットを頬張ったり、ムール・フリットに舌鼓を打っているとき、言葉はスポンジのように吸収されるでしょう。パリのアクセントやパリっ子特有の表現をマスターすれば、あなたのフランス語がより一層、印象深いものになるでしょう。

発音や文法を訂正される事もあるかもしれませんが、それは恥でもなんでもありません。パリの人はあなたの勉強を手伝っているつもりなので、アドバイスだと思って耳を傾けましょう。

 

4.サンフランシスコ

クリエイティブで緩やかな雰囲気が好きな人や、IT、最先端の技術に興味があるなら、留学先はサンフランススコが断トツでおすすめです。賑やかなボヘミアンシーンのヘイト&アシュベリーや、コワーキングスペース活動するアーティスト、ゴールデン・ゲート・ブリッジを見渡せる場所にあるベンチャー企業、 将来有望の企業家まで存在します。

サンフランシスコはアメリカで最もイノベーティブな街。アップダウンの激しい市内には、ラテン系コミュニティの集まるミッション地区、チャイナタウンや、美味しいシーフードが集まるピア39など、アメリカ留学を最大限楽しむことができます。

授業以外でも常に魅力が転がっている街ともいえるでしょう。面白いアイデアを持つ人が集まるサンフランシスコで、あなたも色々なネットワーキングをして英語力をアップさせませんか?

 

5.バンクーバー

アウトドアや自然が好きな方は、バンクーバーはいかがでしょうか?カナダの最も美しい街のひとつで、素晴らしい見晴らしが有名です。ブリティッシュコロンビア州の美しい海岸でまったりしたり、美しい山のふもとの丘でハイキングをしたり、きれいな空気を吸えば、勉強の合間のリフレッシュになります。

バンクーバーでは、スキーを学んだり、ダウンヒルのマウンテンバイクの技術を習得したり、釣りでさえ履歴書のアピールポイントとして書くことができます。もちろん『流暢で丁寧な英語』を学ぶことも可能です。フレンドリーで親切なことで知られるカナダ人。アイスホッケーや雪の会話を交えて、あなたが英語をマスターするまで、辛抱強く話してくれるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

【マンガ】第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!
どこで何する?ヨーロッパ留学におすすめの10都市
留学に反対する両親に気持ちよく賛成してもらう方法
【滞在者のお墨付き】セブ島のオススメ観光スポット3連発!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。