ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宮野真守、「キミョかわいい」ティム・バートン最新作語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

宮野真守、「キミョかわいい」ティム・バートン最新作語る
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。2月2日(木)のオンエアでは、3日から公開となるティム・バートン最新作、映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を紹介しました。

周囲に馴染めない孤独な主人公の少年ジェイク。ある日、彼の唯一の理解者である祖父が謎の死を遂げ、遺言に従い小さな島を訪れることになります。そこにあった古めかしい屋敷には、美しくも厳格なミス・ペレグリンと子どもたちが住んでいて、やがて彼らと心を通わせて夢のような時間を過ごしますが、ジェイク自身も「ある力」を持っていること気づき、屋敷に忍び寄る恐ろしい脅威に一緒に立ち向かっていく冒険ストーリーとなっています。

原作は、2011年に出版されてベストセラーとなったランサム・リグズの小説。この奇妙な物語を、ティム・バートンが、奇妙な世界が広がるファンタジー作品として映像化しました。

話の中心となっていくのは、個性豊かな「奇妙な子どもたち」。空中に浮かんだり、炎を操ったり、怪力の持ち主、透明人間、双子など、ちょっぴり不気味だけどとってもユーモラスでかわいらしい姿や、最初はとまどうジェイクが徐々に距離を縮め、共に歩んでいく姿にも引き込まれていく…そんな作品になっています。

同作は今までのティム・バートン作品の、「チャーリーとチョコレート工場」のポップな世界観、「スリーピー・ホロウ」のようなダーク要素、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のような怖さとコミカルさ、「アリス・イン・ワンダーランド」の別世界との行き来、「ビッグ・フィッシュ」の現実とファンタジーの交差…などを感じとることができ、子どもたちの友情などは「シザーハンズ」にも通じるかもしれません。奇妙で面白いだけでなく、その裏に流れるメッセージも感じ取ってほしい作品です。

最後に番組では、吹き替え版で主人公ジェイク役を担当した、声優の宮野真守さんからもメッセージをいただきました!

「ティム・バートンの作品がとても大好きなんです。この作品は美しくて、しかも絶妙に奇妙で、不思議な世界観に引き込まれます。ティム・バートンの魅力がぎゅっと詰まった映画になっています。ジェイクの心の変化や成長も見どころですし、“キミョかわいい”子どもたちもたくさん登場するので、お楽しみに。ティム・バートンの最高のダークファンタジー。ぜひ劇場でご覧ください!」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。