体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpool、ニューシングル初回限定盤はカウントダウンライブ映像&ドキュメンタリー収録の豪華盤

flumpoolが3月22日にリリースするシングル「ラストコール」の詳細が明らかになった。
flumpool (okmusic UP's)
初回限定盤には『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~@大阪城ホール』のライブ映像をダイジェストで収録。さらにメンバー自らが、自分たちのルーツを辿り様々な地を訪れ、城天(大阪城公園)にてサプライズでストリートライブを敢行した映像含むドキュメント映像も収録されている。CD音源には同ライブから厳選された楽曲がボーナストラックとして収録されるので、カウントダウンライブ当日のスペシャルアレンジをじっくりと聴いてほしい。

FC限定パックは自身3度目となる武道館公演『8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」』の開催を記念し、日本武道館にて発売されるオフィシャルグッズとは別モデルとなるFC限定オフィシャルタオルが同梱される、今回しか手に入らない限定パックとなっている。またCD音源にはストリングス、ブラスセクションを加えた初の試みとなった大編成でのファンクラブ会員限定ライブ”INTERROBANG” 会員限定Tour「INTERROBANGだョ! 全員集合 〜もしもクリスマスの夜だったら〜」より、メンバーセレクトによるライブ音源がボーナストラックとして収録される。

また、初回限定盤と通常盤のジャケット写真も公開された。初回限定盤では廃墟に並んで立つメンバーが切り取られ、通常盤は規則的だがどこか不思議な雰囲気を醸し出すベランダにメンバーが並ぶ、他に類を見ないビジュアルに仕上がっている。

また、タワーレコードとTSUTAYA RECORDSにて、スペシャルイベントを行なうことも決定した。タワーレコード渋谷店では当選者のみのスペシャルインストアライブ、TSUTAYA RECORDSでは大阪市内某所にてスペシャルトークイベントの開催が決定しているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう!

■シングル「ラストコール」特設サイト

http://www.flumpool.jp/sp/lastcall/

シングル「ラストコール」
2017年3月22日(水)発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

AZZS-62/¥2,000+税

<収録曲>

■CD

M-1 ラストコール

※映画「サクラダリセット」主題歌

M-2 ナミダリセット

※映画「サクラダリセット」後篇エンディングテーマ

M-3 キズナキズ

※NHK「みんなのうた」2017年2-3月

-BONUS TRACK-

ALL BONUS TRACKS from flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~)

M-4 花になれ

M-5 MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜

M-6 大切なものは君以外に見当たらなくて

■DVD

『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~@大阪城ホール Special Live Digest & Making of Live』

カウントダウンライブで初披露となった、新曲「ラストコール」や、本公演のテーマソングでもある「ムーンライト・トリップ」を含む『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→2017 「FOR ROOTS」~シロテン・フィールズ・フォーエバー~@大阪城ホール』のライブ映像ダイジェストに加え、ライブ当日の本番前と本番後のメンバーインタビュー、ライブ前日にデビュー前にストリートライブを行なっていた思い出の地を巡り、サプライズで城天(大阪城公園)でストリートライブを敢行した映像などを盛り込んだライブドキュメントを収録。ライブ映像には「FREE YOUR MIND」「輪廻」「花になれ」「MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~」「未来」「ムーンライト・トリップ」「ラストコール」「大切なものは君以外に見当たらなくて」「MY HOME TOWN」が約50分に渡り収録。

【通常盤】(CD)

AZCS-2061/¥1,200+税

<収録曲>

M-1 ラストコール

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。