ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新酒に雪景色も魅力♪飛騨高山の冬イベント&グルメ【岐阜】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
中橋

どこか懐かしい風景と営み。

そんな景色に出会えるのが、白銀の雪に映える、冬の飛騨高山です。

岐阜県に位置する飛騨高山は古い町並でも有名で、今年のじゃらん人気温泉地ランキングでも東海地方第5位にランクインするほどの人気エリア。

訪れてみると、団子や牛串を焼く匂い…。ついつい誘われて、足を止めるのも、この町の醍醐味です。

清冽な北アルプスの伏流水で仕込む高山の地酒も、今が新酒の最盛期。

匠の技、雪景色、名物の朝市、食…。

古き良き古都の冬に会いに出かけてみてはいかがですか?

中橋

どの季節も美しく映える古都の真っ赤なシンボル。

中橋

宮川下流の筏橋からのアングルが最も美しいと評判の赤い中橋

市内の中心部を流れる宮川にかかる、飛騨高山の町のシンボル。

木造建築の黒い壁、赤い橋。雪が彩るコントラストがより印象的です。

春は淡いピンク色の桜、冬は綿あめのような白い雪など、春夏秋冬、どの季節に行っても自然との調和が絶妙です。 中橋

TEL/0577-32-3333(高山市観光課)

住所/高山市本町

アクセス/JR高山駅より徒歩12分

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

古い町並

何度も訪れたい!飛騨高山のメインスポット。

さんまち通り

静まり返る夜のさんまち通り

ショッピングや名物グルメが楽しめる、飛騨高山を代表するスポット。

出格子の連なる歴史建造物や用水路など、風情ある雰囲気もぜひ体感を。 古い町並

TEL/0577-32-3333(高山市観光課)

住所/高山市上三之町ほか

アクセス/JR高山駅より徒歩12分

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

舩坂酒造店

さんまち通りの老舗酒蔵で、利き酒、お食事、土産選び。

船坂

地酒の利き酒は店内に併設の酒蔵バーで。桝酒1杯200円~、気軽に味わえる深山菊上撰雪だるま徳利

深山菊上撰雪だるま徳利1150円/300ミリリットル季節限定・深山菊しぼりたて生酒

季節限定・深山菊しぼりたて生酒2550円/1.8リットル

古い町並のさんまち通りに店を構える造り酒屋。

敷地内には食事処や土産コーナーも併設。

お酒が飲めない人でも充分に楽しめます。

できたての新酒を蔵で味わえる幸せを感じて♪

日本酒ファンは酒蔵バーで飲み比べを。

ノンアルのホット甘酒も美味しいですよ。 舩坂酒造店

TEL/0577-32-0016

住所/高山市上三之町105

営業時間/8時30分~20時(冬期営業時間に変更あり)

定休日/なし

料金/桝酒200円~

アクセス/JR高山駅より徒歩12分

駐車場/なし

「舩坂酒造店」の詳細はこちら

「酒蔵めぐり」で新酒を飲み比べ

1/13~2/26開催!

二木酒造日頃は入れない貴重な蔵が見学できるため、国内海外問わず日本酒好きが見学に訪れる

古い町並周辺の老舗蔵元6軒が、約1週間交代で一般向けに酒蔵を公開する、高山の冬の一大イベント。

各酒蔵の新酒や看板商品の試飲や蔵の見学などもできるので、日本酒の旨さの秘密を探ってみてください。 酒蔵めぐり

TEL/0577-36-1011(高山観光コンベンション協会)

住所/高山市上一之町ほか

営業時間/10時~12時・13時~16時

定休日/店舗で異なる

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

「酒蔵めぐり」の詳細はこちら

陣屋前朝市

ここだけにしかないこだわりの品をお土産に。

陣屋前朝市

飛騨ことばで話すお店のお母さんとの会話も楽しいさるぼぼ

高山土産の定番「さるぼぼ」も

高山祭、古い町並と並ぶ、高山観光の人気スポット、高山の「朝市」。

陣屋前朝市では飛騨でとれる自家製の農産物や餅、味噌、漬物、花などを販売。

色々な品が揃い、他では買えないものも。特に餅、りんご、漬物がおいしい!

こだわりの一品を探して。 陣屋前朝市

TEL/0577-32-3333(高山市観光課)

住所/高山市八軒町1-5

営業時間/8時~12時(時期で異なる)

定休日/なし

アクセス/JR高山駅より徒歩10分

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

「陣屋前朝市」の詳細はこちら

麺屋しらかわ

地元人も絶賛の中華そば。

麺屋しらかわ

味付け玉子やネギなども旨く、昼のランチも好評

高山を代表する人気ラーメン店。10時間じっくり煮込んだスープは、黒胡椒の辛さがアクセント。

細めのちぢれ麺にスープがよく絡み、体の芯まで温まります。 麺屋しらかわ

TEL/0577-77-9289

住所/高山市相生町56-2

営業時間/11時~LO13時30分、21時~スープがなくなり次第終了

定休日/毎週火曜と月曜の夜Q中華そば700円

アクセス/JR高山駅より徒歩10分

駐車場/なし

「麺屋しらかわ」の詳細はこちら

ホテルアソシア高山リゾート

一度は入りたい絶景温泉。

ホテルアソシア高山リゾート

飛騨の絶景を眺め、泉質の良いお湯に浸かってリラックス

高山駅から無料シャトルバスで行ける、便利なリゾートホテル。

四季の景観が眼前に迫る天望の湯は、高山屈指の絶景温泉。

雪の高山市街地と、遠くに見る北アルプス。冬絶景もお湯も両方満喫できます。

日帰り入浴できるのも嬉しいですね。 ホテルアソシア高山リゾート

TEL/0577-36-0001

住所/高山市越後町1134

営業時間/日帰り入浴12時~21時

定休日/あり(要問合せ)

料金/入浴料(タオル付)大人1150円、小学生500円、3歳~未就学児300円

アクセス/JR高山駅より無料シャトルバス10分

駐車場/200台

「ホテルアソシア高山リゾート」の詳細はこちら

おにぎり龍の瞳 高山駅前店

飛騨牛とおにぎりがコラボ。

おにぎり龍の瞳 高山駅前店

ブリてりやき(右)と飛騨牛ローストビーフのおにぎり

飛騨の絶品米「龍の瞳」で作るおにぎり店。

飛騨牛の自家製ローストビーフをのせたおにぎりと、旬のブリで作るおにぎりがイチ押し。

海苔、塩にもこだわりあり! おにぎり龍の瞳 高山駅前店

TEL/0577-36-0308

住所/高山市花里町5-15-3

営業時間/9時~17時(土日祝~19時)

定休日/火

料金/飛騨牛ローストビーフおにぎり600円、ブリてりやき350円

アクセス/JR高山駅より徒歩すぐ

駐車場/なし

「おにぎり龍の瞳 高山駅前店」の詳細はこちら

喫茶ドン

高山最古の喫茶店でおやつ。

喫茶ドン

クリームが後を引くおいしさの絶品シュークリーム

高山で最も歴史のある喫茶店。

卵の味まで伝わる厳選素材使用のシュークリームは手作り。

通常の1.5倍も豆を使い、淹れ方にもこだわるコーヒーとご一緒に。 喫茶ドン

TEL/0577-32-0968

住所/高山市本町2-52

営業時間/7時30分~22時

定休日/火

料金/シュークリーム280円

アクセス/JR高山駅より徒歩10分

駐車場/なし

飛騨の里 冬のライトアップ

1月14日~2月28日

飛騨の里 冬のライトアップ

昔ばなしの世界を醸し出す、合掌造り家屋などをライトアップ。

純白の雪にすっぽり包まれ、光り輝く合掌造りは一見の価値あり。

水墨画のような幽玄さを感じてみてください。 飛騨の里 冬のライトアップ

TEL/0577-34-4711(飛騨民俗村・飛騨の里)

住所/高山市上岡本町1-590

時間/17時30分~21時

定休日/なし

料金/大人700円、小・中学生200円(ライトアップ見学のみ大人300円、子ども100円)

アクセス/JR高山駅より車で10分

駐車場/250台

「飛騨の里 冬のライトアップ」の詳細はこちら

冬の飛騨高山ライトアップ

~2月28日

冬の飛騨高山ライトアップ

雪をまとった赤い「中橋」がライトアップされ、白銀の世界に浮かび上がる冬のイベント。

昼は観光客で賑やかな中橋も夜は一転、ひっそりと佇み、静かな夜に彩りを添えます。 冬の飛騨高山ライトアップ

TEL/0577-36-1011(高山観光コンベンション協会)

住所/高山市神明町/宮川中橋周辺

時間/17時~21時30分

アクセス/JR高山駅より徒歩12分

駐車場/なし(周辺に有料Pあり)

「冬の飛騨高山ライトアップ」の詳細はこちら

氷点下の森(秋神温泉旅館内)

1月1日~3月31日

氷点下の森(秋神温泉旅館内)

山の一軒宿「秋神温泉旅館」が手がける冬の風物詩。

ご主人が11月中旬から造り始めた氷の森は、昼間はブルーに、夜にはライトアップされ、幻想的で美しい世界が広がります。 氷点下の森(秋神温泉旅館内)

TEL/0577-56-1021

住所/高山市朝日町胡桃島355

時間/夕暮れから21時30分

アクセス/JR高山駅より車で55分

駐車場/30台

「氷点下の森(秋神温泉旅館内)」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

まぐろ料理に、富士山ビューのレストラン!静岡の人気ランチスポット
童話の世界に入り込む!?【北海道・美瑛町】スプウン谷のサワザワ村
海鮮丼、天丼、卵とじ丼…。ランチに食べたいご当地丼【愛知】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。