ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

サン・ヴォルト、待望の最新作が完成&収録曲「Lost Souls」を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
サン・ヴォルト、待望の最新作が完成&収録曲「Lost Souls」を公開

 オルタナ・カントリーの祖、ジェイ・ファラー率いるサン・ヴォルトによるニュー・アルバム『ノーツ・オブ・ブルー』が完成した。

 サン・ヴォルトは、最初のオルタナ・カントリー・バンドと言われるアンクル・テュペロのヴォーカリストだったジェイ・ファラーを中心に結成。ジェイ・ファラー脱退後、アンクル・テュペロの残りのメンバーはウィルコを結成。ゆえに、サン・ヴォルトとウィルコは兄弟バンドと呼ばれる事も多い。

 1995年にデビュー・アルバム『Trace』をリリースしたサン・ヴォルトは、その後も、『Straightaways』(1997年)、『Wide Swing Tremolo』(1998年)、『Okemah and the Melody of Riot』(2005年年)、『The Search』(2007年)、『American Central Dust』(2009年)、『Honky Tonk』(2013年)と継続的にアルバムを発表。オルタナ・カントリー、そして、後のアメリカーナのムーヴメントをリードする存在として、絶大な人気を誇っている。

 そんな彼らの新作となる『ノーツ・オブ・ブルー』に収録される10曲は、ブルースのスピリットにインスパイアされたもの。しかしブルースといっても一般的に知られたブルースではない。ミシシッピ・フレッド・マクダウェル、スキップ・ジェイムス、ニック・ドレイクのユニークなチューニングこそが、今回のアルバムの為にジェイが探求したことだった。

 ジェイ・ファラーはルーツ、ロック、カントリーとあらゆるジャンルの中でも特徴的な声を持った一人だ。ソングライターとしても、彼の深く詩的な傾向は、その思慮深く知的な仕事の基盤となっている。贖いと共通の闘争をテーマとした『ノーツ・オブ・ブルー』にはこうした彼の特徴が凝縮されている。そして、これこそが、今作で表現されるブルースのコアとなっている。

◎「Lost Souls」音源
https://youtu.be/RJEefU2u5gU

◎『ノーツ・オブ・ブルー』トラックリスト
01. Promise the World
02. Back Against the Wall
03. Static
04. Cherokee St
05. The Storm
06. Lost Souls
07. Midnight
08. Sinking Down
09. Cairo and Southern
10. Threads and Steel

◎リリース情報
『ノーツ・オブ・ブルー』
サン・ヴォルト
2017/3/15 RELEASE
2,100円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開
フル・アルバムにも期待! 小粒ながらも高クオリティ、全米2位獲得のジョン・メイヤー最新EP(EP Review)
KTタンストール、スコットランドを代表するSSWが東阪来日ツアー決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。