ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』第2弾~5弾の脚本を完成!今夏撮影スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』第2弾~5弾の脚本を完成!今夏撮影スタート

2009年に初公開され、いまだに世界興行収入1位を更新し続けている大ヒット映画『アバター』。この続編が準備中であることは、ジェームズ・キャメロン監督が過去に何度も言及してきた。しかし、それ以上の詳しい情報は何も明かされないまま数年が過ぎ、最近ではこの計画が本当に実現されるのか疑わしいような雰囲気が世間には漂っていた。ところが今回、続編に関する新情報が入ってきた。キャメロン監督がついに、同映画の第2弾~第5弾の脚本を完成させ、その撮影が、年内に開始される予定だ。

制作側の言う「予定」を信じるかどうかは皆さんに任せることにしよう。しかし、少なくともキャメロン監督自身は先日、『The Daily Beast』のインタビューで続編の準備は順調に進んでいると語っている。この続編には十分な時間を掛けて取り組んだ、ということなので、長らく待たされたファンも納得がいく仕上がりであることは間違いないだろう。

『The Daily Beast』のインタビューの内容は、以下のとおりだ。

「『アバター2』から第5弾までの全4シリーズには、全て平等に十分な時間を取り、構成を練りました。最近ようやく『アバター5』の脚本を書き終えたところです。これから撮影に取りかかるわけですが、8月には俳優陣とパフォーマンス・キャプチャー(三次元空間における人間の動作に加え、表情の変化もデジタルデータとしてコンピューターに取り込む手法)の撮影に入るので、今日からは全てその制作に関連したスケジュールになるでしょう。現場の手配や進行計画も整ったので、あとは撮影に臨むだけですね。脚本の準備でこの2年は缶詰め状態だったので、正直、今の心境は刑務所から出て来たばかり、というような気持ちですよ。毎日、楽しいです。書くのは余り好きではないけど、筆が進む時は嬉しいです」。

続編の製作開始に今回これほど時間が掛かったのは恐らく監督の完璧主義が所以であるかもしれない(そして、彼の遅筆もまた理由の1つと言えるだろう)。前作にも出演しているベテラン女優、シガーニー・ウィーヴァーによれば、制作陣がこれだけ時間を掛けただけの価値ある内容、と評価している。最終判断はじきに観客の手に委ねられることになる。

アバター2が全米で公開されるのは2018年のクリスマス頃。続いて、アバター3は2020年、アバター4は2022年、アバター5は2023年クリスマスシーズンの公開を予定している。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』第2弾~5弾の脚本を完成!今夏撮影スタート

レンタルDVDのケースを開けたら思わぬサプライズが・・・

ジェームズ・キャメロン監督、映画『タイタニック』でジャックも生き残れたという検証を否定

人類の最古の祖先の可能性があるという生き物の姿がこちら・・・

買っちゃうと、いいことありそう!今年は「スウィート・ダッフィー」が可愛すぎて困る

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。