ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

無洗米は本当に美味しいのか? その答えを探すために工場見学&米料理専門店に行ってきた ~後編~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20161128153124j:plain

前回で、無洗米の素晴らしさに開眼した私。

www.hotpepper.jp

無茶を言ってダダこねた結果、東洋ライス株式会社が、2016年11月19日にオープンした米料理専門店「金のダイニング」のレセプションにご招待していただけることになりました。

金のダイニングは、朝は「おかゆ・おにぎり」、昼は「丼・ちらし鮨・定食」、午後は「お米スイーツ」、夜は「にぎり寿司」と、それぞれの時間帯に合わせた多彩な米料理を提供する、他に類を見ない形式のダイニングレストラン。今回のレセプションでは、すべての時間帯の料理を食すことができるとのこと。楽しみすぎるだろ!

f:id:Meshi2_IB:20161128153115j:plain

東京メトロ・銀座駅より歩いて2分ほど。人並み賑わう晴美通りから一本路地に入ったところに、風景に溶け込んだスタイリッシュな外観の路面店が……。

か、かっこいい!!

この店構えに一瞬ひるんでしまった小市民の私……。正直に言いましょう、私、ダイニングの話を聞いた時に、なぜだかもうちょっと軽い、カフェみたいなお店だと思い込んでいたんですよ……(すいません)。こんなシャレオツ感満載の、オトナなお店だなんて想像だにせず……。

よ、良かった辛うじて本真珠のネックレスとかつけてきて……。

f:id:Meshi2_IB:20161128153116j:plain

店内もステキです。メインはカウンターですが、奥には座席と個室もあるので、人数のいる会合にも利用できるとのこと。

f:id:Meshi2_IB:20161128153117j:plain

貫禄たっぷりの板前さんたちのりりしさと、お店の空気に完全にのまれつつ……。いざ、レセプション用のスペシャルコースを堪能させていただくことに。

f:id:Meshi2_IB:20161128153118j:plain

スタッフさんに「お飲み物は?」と聞かれて、反射的に「ジンジャーエール!」と答えてしまった小市民。

よくよく考えたら、米料理のお店なんだし、日本酒をセレクトしてもらえば良かったのでは? と直後に気がつく。

別のお客さんとスタッフさんの「ここの女将さんは日本酒大好きなんで、自らこだわってセレクションしたんですよ~」なんて談笑が聞こえてくる……。いや、この有機ジンジャーエールもめちゃくちゃ美味しかったです。

f:id:Meshi2_IB:20161128153119j:plain

まずは先付から。バイ貝に白子、焼いたむかご。秋の味覚が満載で美味しい。特に白子は口の中で溶けるような絶妙の食感で最高! この白子の海に溺れて死んでもいい!

f:id:Meshi2_IB:20161128153120j:plain

刺身盛り合わせ。新鮮な刺身に舌つづみです。

f:id:Meshi2_IB:20161128153121j:plain

貝セレクション。

カウンターに並べられた貝の中から好きなものを選んで、好きな食べ方でオーダーできました。ここでも私は小市民っぷりを遺憾なく発揮。ミル貝、ハマグリ、タイラ貝、アワビなど、高級貝がズラリと並ぶなか……もっとも馴染み深かった焼き牡蠣をチョイス!

とはいえ、私が日常的に食べている冷凍牡蠣なんかとはワケが違います! ぶりんぶりんに太った牡蠣の身。そこからほとばしる牡蠣汁。

幸せしか感じられない!!

f:id:Meshi2_IB:20161128153122j:plain

焼き物は、鰆(サワラ)でした。この辺の焼き魚は、お昼の定食なんかにも出てくるのでしょうか? ぜいたくランチだなぁ……。

f:id:Meshi2_IB:20161128153123j:plain

私が個人的に大好物の茶わん蒸し。これがもう、かつて食べたことがないくらいぜいたくなお味で!

この茶わん蒸しだけ土鍋で作ってもらって独り占めしたらいくらになるかなー、なんてあほうなことを考えながら美味しさをかみ締めていました。

f:id:Meshi2_IB:20161128153124j:plain

そして、ついに真打登場!

無洗米寿司3種の第一弾、トロ!

これ、お米が無洗玄米の「金芽ロウカット玄米」なんですよ。

トロ×玄米の組み合わせは意外にも好相性で、むしろ世の中の寿司のお米がみんな玄米にならないかなーなんて思ってしまうくらい。

いいですね、金芽ロウカット玄米寿司!!

f:id:Meshi2_IB:20161128153125j:plain

無洗米寿司、第二弾は芽ネギとウズラの卵。

お米は新しい精製技術で作られた無洗米「金芽米」だったのですが……この寿司、要は一口TKG(卵かけごはん)なわけですよ!

新鮮なトロ~っとした卵の黄身と、シャキシャキの芽ネギ、そして甘みが凝縮した「金芽米」のコラボレーションは素晴らしかった!

ひと口で終わってしまうところがまたぜいたくなわけです。

うん、金芽米寿司も美味しい。

f:id:Meshi2_IB:20161128153126j:plain

そして最後にキタのは、穴子ですよ。

こちらのお米も「金芽米」。ふわっふわの穴子と「金芽米」のマッチングは言うまでもなく最高!

ただ、個人的には「金芽ロウカット玄米」の寿司が超気に入ってしまったので、そっちでも食べてみたかった!!(ワガママになってきた)

f:id:Meshi2_IB:20161128153127j:plain

そしてデザートはみたらし団子。

もちろんこれは「金芽米」で作られたスイーツなのです! 柔らかくてモチモチ、でも口当たりが軽くて、コース平らげてお腹いっぱいのはずがペロリ。というか、いくらでも食べられちゃう!!

もう、大満足ですよ。ご馳走様でした!!

f:id:Meshi2_IB:20161128153128j:plain

最初の緊張はどこへやら、途中からすっかり堪能してしまいましたよ! 「金のダイニング」では、今回食べた「金芽米」や「金芽ロウカット玄米」だけでなく、熟成米や黒米など、独自の技術を使った新しい概念のお米も多数登場予定。

今まで知られていなかったお米の素晴らしさを、銀座から日本全国、果ては世界へと発信していきたいとのこと。次回来訪する際はぜひ、朝・昼・夕方・夜、すべての時間に居座って、美味しいお米メニューを網羅したいです!

f:id:Meshi2_IB:20161128153129j:plain

「金のダイニング」朝の部で販売されるおにぎりをお土産にいただきました!

もちろん「金芽米」が使われているおにぎりです。期待が高まりますね……。

f:id:Meshi2_IB:20161128153130j:plain

そして、もちろん期待を裏切るはずがありません!

「金芽米」はおにぎりでも美味しい。しっとりした海苔と鮭とのコンボが美味しい。甘くてうま味がギュギュっと詰まって美味しい!!

ええ、私、決めましたよ。これから我が家のお米は無洗米にします!

無洗米ばんざーい!!

さて、二回に分けて、無洗米についてたっぷりと語らせていただきましたが、いかがでしたか?

美味しさと栄養満点の無洗米。そして、東洋ライスが警鐘を鳴らす、環境保全への提議。ぜひみなさま、「とがなくていいから楽」なだけでない、無洗米の魅力の数々を心に刻んでくださいませ!!

お店情報

金のダイニング 銀座本店

住所:東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル

電話番号:03-3573-5515

営業時間:11:30~14:00/17:00~22:00

定休日:日曜日

www.toyo-rice.jp

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:もちづき千代子

もちづき千代子

人生が常に大殺界な人妻ライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像技術者・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を始める。人生のテーマは「酒と涙と男と女」。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【作業工程シンプル】焼き豚は自分でも作れる
一振りでインド風味になる魔法スパイス「ガラムマサラ」でおつまみを作る
辛ウマ煮玉子&激辛チャーシューは最高の酒のおつまみなのです【晩酌マンガ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。