体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Open GAppsでGoogleアシスタントの有効化が可能に

カスタム ROM 向けに Google アプリ・サービス群(GApps)を提供している Open GApps チームが 2 月 2 日から Open GApps 内で Google アシスタントを有効にできるオプションを提供することが分かりました。AI ベースの Google アシスタントは、今では Google Home や Allo、Google Pixel、Android TV など、様々なデバイスで機能しますが、最も必要とされているスマートフォンでの使用については、Google Pixel / Pixel XL に限定されています。そのため、他の機種で Google アシスタントを使用するにはシステムを改変しなければならないのが現状です。カスタム ROM の場合もユーザー自身で build.prop を変更するなど特別な作業を行う必要がありますが、2 月 2 日付けで配信される Open GApps は Aroma 版のインストールの際には Google アシスタントを有効にするかどうかのオプションが表示されるので、GUI にチェックを入れるだけで有効になります。Source : OpenGApps

■関連記事
Sony、2016年度第3四半期のスマートフォン販売数は510万台に回復、しかし通期の予測を1,500万台に下方修正
Google、Android用Chrome 57 BetaでProgressive Web Appの対応をさらに改善、ほぼネイティブアプリ化される見込み
LG G6の新たな実機写真、「G6」ロゴも確認

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。