ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫の鳴き声はニャーニャーじゃない!?鳴き声にまつわる話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CIMG6811

猫の鳴き声といえば「ニャーニャー」というのが定番ですが、平安時代から鎌倉時代までは、「ねうねう」と文献でされており、「う」は「ん」と発音されていたことから「ねんねん」という言葉を使っていたのではないか?と言われています。
※犬は「ワンワン」ですが、昔は「びょうびょう」と発音していました。

一方世界を見渡すと、それぞれのお国柄によって鳴き声は変わります。
米語「ミュー」
韓国語「ヤオン」
ドイツ語「ミアォ」

そして、猫をおびき寄せる時も違いが・・・
日本ではkittyといえば「キティーちゃん」というキャラクターを思い浮かべる人が多いと思いますが、米国になると、子猫を指すkittyで「キティ、キティ」と変わります。動物園では、ライオンやトラにも「キティ、キティ」と呼びかける米国人をよく見かけます。同じ猫科だから・・・?

あと、同じ子猫でも「Pussy cat」で子猫ちゃんと訳している辞書を、ときおり見かけますが、バーなどでナンパするときに「よう、子猫ちゃん」のような、やや下品な表現にあたります。間違っても米国で猫を見かけたときに、「Pussy cat」など、気軽に使わないようにお気をつけあれ。

CIMG7751

猫が気持ちを伝える鳴き声といえば、「シャー」 が有名ですね。
怒ったときや、警戒するときの鳴き声。

「ゴロゴロ」は、満足やかまってほしい時の鳴き声ですが、最近では、このゴロゴロ音には怪我をした時や、具合が悪い時にも発せられ、猫自身が、免疫力を高めているのではないか?という説も聞かれます。

特に、骨折を治す効果が高いという話もあり、元サッカー選手で、日本でも有名なベッカムが現役時代に、試合で骨折した時は、この猫の出すゴロゴロ音を応用した超音波治療を受け、3週間も早く修復できたとのニュースもありました。

CIMG7558

自らを治療する猫に備わったすごい機能として、猫のゴロゴロは、世界でも注目されています。

またこんな面白い話も。動物の鳴き声や、虫の鳴き声を西洋人は、右脳で察知しているのに対し、日本人は左脳で察知しているのだとか。右脳は味覚や、聴覚などの五感を捉え、左脳は言語や、文字を認識する働きがあります。

西洋人は、虫の音などは右脳で雑音と認識され、排除されてしまい、音が聞こえなかったり、聞こえづらかったりするそうです。
確かに、英語で虫の音を表現するときは、日本のように「チンチロリン」などと可愛い表現ではなく、「ズーー」と言います。また「Bug」は、虫以外にも「うるさい・鬱陶しい」など表現する時も使われます。

日本人は、川のせせらぎや、鈴虫の音、波の音、雨の音を多種多様に表現できるのは、そのためではないかとも言われています。

ということは、猫の鳴き声のバリエーションの違いを、日本脳はより多く察知している可能性も?猫の鳴き声の違いを、一度よく聞いてみてはいかがでしょうか?新たな表現が見つかるかもしれませんよ。

 

著者:放送作家 藤村晃子

The post 猫の鳴き声はニャーニャーじゃない!?鳴き声にまつわる話 appeared first on にゃんこマガジン.

にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。