ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

病院スタッフが「お帰り〜」と。切迫早産で入院後、今度は妊娠高血圧症に!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠初期から何度か出血があったものの、順調に安定期を迎えることができました。

しかし妊娠6ヶ月の健診で、子宮頸管が30mmしかないこと(35mm以上が理想)が分かり、張り止めを服用してできるだけ安静に過ごすように言われました。

それからというもの、インターネットで子宮頸管のことや切迫早産について、張り止めが赤ちゃんに及ぼす影響など、あらゆることを調べました。

安定期に入ったら…と入れていた予定も全てキャンセルをし、万が一のことを考え周囲にも妊娠していることは言うことができませんでした。

その後も健診の度に内診をお願いし、経過観察をしていましたが、遂に里帰り前最後の健診(31週)で、子宮頸管が18mmしかないため『帰るなら今すぐに!』と言われ、急遽翌日、飛行機に飛び乗って地元へ帰りました。

分娩予定の産婦人科に頸管が短いと言われたことを告げ診察してもらうと、やはり切迫早産の診断。

そのまま、大きな総合病院にまわされ、その日のうちに入院となりました。

36週までの入院となること。入院中は24時間張り止めの点滴をすること。

1日1日がとても長く、もし今産まれたらどうなるんだろう…とそればかり考え、泣いていました。

同室はみんな妊婦さんだったため、次第と仲良くなり、入院生活もだんだんと楽しくなりました。

みんなで励ましあい、慰め合い、産まれたあとのことを想像しては笑っていました。 関連記事:切迫早産で緊急入院。3週間の入院生活で感じたメリット、デメリット

長く辛い入院生活ではありましたが、無事に36週を迎え、退院することができました(子宮頸管8mm、子宮口1cm)。

その後は再び分娩予定の産婦人科で健診を受けていたのですが、39週の健診のときに、妊娠高血圧症になっていることが分かりました。

食生活は、栄養が計算された病院食だったし、体重は妊娠前から6kgしか増えていなかったし、なんで?という感じでした。

再度、総合病院へまわされましたが、1ヶ月入院していたため、先生も看護士さんも「お帰りー」と出迎えてくれました。笑

妊娠高血圧症は出産すれば治るということで、翌日に促進剤を使い出産することに。

その日は念のため入院し、翌日に備えました。

しかし、翌日。促進剤を入れる前に自然に陣痛が始まりました。

10分間隔になってから2時間後に破水したため、ナースコールを押して内診してもらうと、子宮口は8cm開いており、頭も触れるとのこと。そのまま分娩台に上がりました。

しかしそこから全くお産が進まず、最後は吸引分娩となりました。

妊娠初期からなかなか安定せず、最後までマタニティライフを楽しむことはできませんでしたが、健康で元気に産まれてきてくれて本当に良かったです!

妊娠中たくさん苦労をしたためか、息子は3ヶ月の頃から夜は寝かしつけなしで一人で寝るうえ、夜泣きすることなく10時間寝続けるという、なんとも素晴らしい親孝行をしてくれます! 関連記事:妊娠期間は一生の中のほんの一瞬。愛おしい貴重な時間の、とても幸せな終わり

関連記事リンク(外部サイト)

ひと蹴り10万円也!強烈な胎児キックで子宮口が開き、切迫早産入院が1週間延長!? by まきりえこ
無事に生まれてくることだけを信じて。羊水過少と発育遅滞で絶対安静の入院2ヶ月
切迫早産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。