体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【作業工程シンプル】焼き豚は自分でも作れる

f:id:Meshi2_IB:20161220101725j:plain

焼き豚のレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。焼き豚作りたい。でもどのレシピで作ればいいのやら。

ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合ったレシピにすべきでしょう。

条件としてはこの3つ。 オーブン・圧力鍋は使わない(誰もが持っているわけじゃない) 肉をタコ糸でしばらない(めんどくさい) 作業工程がシンプル

この3つを絶対条件としてあれこれ調べ、最終的にいろんなレシピのおいしいトコどりをして作ってみました。いいとこどりすると凡庸なものができそうな不安はなきにしもあらずですが、焼き豚初挑戦なもので、そもそも最初からハイリスクですから。

肉は国産とアメリカ産の両方を用意しました。柔らかさにどれくらい差が出るか確かめたかったのです。写真手前の細長い方が国産豚バラ肉約350g、奥の台形っぽいのがアメリカ産肩ロース肉約300g。アメリカ産は国産の約半額でした。

f:id:uralatokyo:20161128160220j:plain

バラ肉、肩ロース、どちらのレシピもありましたが、どちらかといえば脂身の少ない肩ロースを使うレシピのほうが多かったです。

また、焼き豚だけに「焼く」のは当たり前ですが、オーブンを使わないとなると、焼くだけでは焼き豚を完成させられません。生焼け、ダメ、絶対

巷にはこれまたさまざまな手段がありましたが、その中でも最も多数派の「焼く+煮る」コースを選択します。

材料(2〜3人分)は以下のとおり。 豚肉 合わせて650g 長ねぎの青い部分 あったら適量 (なかったら不要) 水 400cc しょうゆ 100cc めんつゆ 100cc (濃い味が好みの人はめんつゆなしで「しょうゆ 200cc」) 日本酒 100cc 砂糖 80g

※ゆで汁の分量は豚肉の量によって増減してください

f:id:uralatokyo:20161128160237j:plain

まずは肉に味が染み込みやすいよう、フォークなどで穴を刺します。そしてフライパンで表面に焼き色を付けます。油がじゃばじゃば出るので、ふき取りながら焼きましょう。

f:id:uralatokyo:20161128160256j:plain

こんな感じに焼けたら取り出します。

f:id:uralatokyo:20161128160316j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。