ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「瞬きと視線の動き」だけで、電子機器を動かせたら

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「瞬きと視線の動き」だけで、電子機器を動かせたら

「アイウェア型デバイス」によって、画像の撮影やメールの送受信、音楽の再生のほか、照明、テレビ、エアコン、車イス、ロボット、ドローンと、身のまわりのものを操れるようになると言われています。

その一歩となる開発イベントの開催を2月に予定しているプロジェクト「FOLLOW YOUR VISION」は、頭と目の動きから脳の働きを推測したり、センサーで体の動作などの情報を管理できるメガネ「JINS MEME」を使用して、瞬きや視線の動きで電子機器を遠隔操作しようという試みです。

すべての人に、表現の自由を

動画に出演している男性は、一般社団法人WITH ALSの武藤 将胤(むとう・まさたね)代表です。2013年にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症しました。DJを始めたばかりでしたが、いまでは手を使ってプレイすることができなくなりました。

そこで、DJやVJを続けるために、ALS発症後もその機能を保てると言われている「眼球」を生かしたこのプロジェクトを発起。2月のハッカソンイベントでは、開発者のアイデアや技術を募り、優秀作品を世界最大級の音楽見本市「SXSW」に展示する予定です。

すでに商品化されているアイウェア型のデバイスを使うため、より身近に感じられるところも、注目されている理由のひとつかもしれません。春以降に、無料のAndroidアプリを公開し、世界中の開発者のフィードバックをもとに発展させていきます。ALS患者だけでなく、高齢者の生活サポートにも応用できると考えられています。

アイデアや技術は「知のドネーション」と呼ばれています。アイウェアによる遠隔操作で、一体どんなことができるようになるでしょうか。この機会に、その可能性を考えてみてはいかがでしょう。Licensed material used with permission by 一般社団法人WITH ALS

関連記事リンク(外部サイト)

ALSで母親を亡くしたライター「ALSはまだ終わっていない」
電気自動車が充電なしで走り続けられる「未来の道路」が開発中。
心拍数・体温に合わせて変容する「マッスルシャツ」が未来的!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。