体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、「LUMIX Phone 101P」を1月14日に発売

ソフトバンクは1月11日、カメラ機能に優れたデュアルコアAndroidスマートフォン「LUMIX Phone 101P」を1月14日(土)に発売すると発表しました。

LUMIX Phone 101Pは、Android 2.3(Gingerbread)、4インチqHD(960×540ピクセル)サイズの液晶ディスプレイ、TI OMAP 4430デュアルコア1GHzプロセッサーを搭載し、下り最大21MbpsのHSPA+サービス「ULTRA SPEED」に対応したパナソニックモバイル製Androidスマートフォン。厚さ9.8mmのスリムなボディに、おサイフケータイ/赤外線通信/ワンセグなどの国内定番機能を搭載。IPX5/IPX7相当の防水にも対応します。カラーはメロウゴールド、ブラック、マゼンタの3色。

カメラは背面に1,320万画素CMOS(AF、フラッシュ付)を搭載。被写体に応じて最適な画像処理を行う画像処理エンジン「Mobile VenusEngine」、シーンを自動で認識し、最適な設定で撮影する「おまかせiA」機能、上下左右にドラッグアンドドロップするだけでSNSなどに写真を投稿できる「ピクチャージャンプ」機能などを搭載します。

通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、DLNA、GSM/WCDMA(1.5GHz/2.1GHz)。3G(WCDMA)でのスタンバイ時間は約380時間、連続通話時間は約360分。本体サイズは123mm×64mm×9.8mm、質量は約128g。

Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2012:米T-Mobile、下り最大42MbpsのHSPA+に対応したAndroidスマートフォン「Galaxy S Blaze 4G」を発表
CES 2012:Acer未発表のTegra 3タブレット「ICONIA Tab A510」がCES会場に展示
Android用Googleマップがv6.1.0にアップデート

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。