ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ナスカ】ペルーの都市、リマからナスカの地上絵へ。広大な土地を駆ける、美しきバスの旅

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ナスカ】ペルーの都市、リマからナスカの地上絵へ。広大な土地を駆ける、美しきバスの旅

001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ→ナスカ004 日付:2012.02.02

「このバスの車内はまるで、自宅のリビングのように快適!」

About the City; 

ナスカ:リマから444㎞先の砂漠地帯。豊富な地下水に育まれた、緑豊かなオアシスとしてナスカの町は広がる。ナスカというと地上絵しか思いつかないが、それを描けるだけの高度な文明が存在していた。人口はわずか3万人と町自体は小さい。どこか懐かしい素朴さは、人々の心を癒すだろう。

bus.01 bus.05 lima.03

ナスカ平原は年間雨量がわずか数十ミリという、雨のほとんど降らない超乾燥状態が1万年以上にわたってつづいてきたために、地上絵が存続して来た。

だが、近年の道路開発や車の普及、更には無断居住者が飼育する家畜の豚の影響で、地上絵が少しずつ荒らされている現状がある。ペルーには「貧しい者、土地を持たない者」を保護する法律があり、これが無断居住者を立ち退かせる障害になっているという。

 

 

Comment:リマからナスカへ、快適バスに乗って旅をする。観光大国ペルーだけあり、バスもハンパじゃない。南米は中米よりもやっぱり大きくて、一回一回の移動がとても長い。そんなとき快適に過ごせるバスとキレイに舗装された道路は、僕たちにとってすごくありがたい存在だ。セキュリティもバッチリ。車内でwifi使えるし、住めるんじゃないかと思うほど。ちなみにお値段1800円ぐらい。

 

tabisuzu_btn02

世 界 と つ な が る、M O V E す る  -  T A B I L A B O

 

関連記事リンク(外部サイト)

世界の朝ごはんを食べよう。7〜8月はしあわせの国「デンマーク」!
【リマ】新旧が共存する南米の街、リマ。歴史ある都市で、伝統に触れる
世界最小「バッグインサイズ」のベビーカーは、こんな使い方がおすすめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。