ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

FIFA年間MVPに輝いた”澤・バロンドール・穂希”が帰国

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
受賞式では着物姿だったが会見にはスーツ姿で臨んだ澤選手

 サッカー界で最も権威ある賞と言われるFIFA(国際サッカー連盟)の女子年間最優秀選手賞を受賞したサッカー日本代表の澤穂希選手と、同じく女子年間最優秀監督賞を受賞した佐々木則夫監督が2012年1月11日の朝、受賞式のあったスイスから帰国。正午から東京・本郷にあるサッカーミュージアムで記者会見に臨んだ。澤選手は、受賞後「なでしこジャパン」のメンバーから届いたメールの件名が「澤・バロンドール・穂希」となっていたと語った。

 澤選手は、帰国直後ということもあって少し疲れがある様子だったが、受賞したことで女子サッカーに注目が集まっていることについて問われると「たくさんの子供たちに目標や夢を持ってもらえたらいい。『不可能はない』ということを証明できた」と笑顔を見せた。

佐々木監督「澤のトロフィーのほうが重い」

 また、サッカー女子代表「なでしこジャパン」のメンバーからはどのような祝福があったか聞かれると、「日頃から仲のよい大野(忍)選手と近賀(ゆかり)選手がすぐにメールをくれた」とし、

「大野選手(のメール)は件名が『澤・バロンドール・穂希』になっていた」

ことを明かした。澤選手はさらに「忍をはじめ、最高の仲間がいたからこそ獲れた賞なので、感謝しています」とあらためて仲間に対する感謝の言葉を述べた。一方、佐々木監督は「僕は選手に個人情報を伝えてないので・・・」としつつも、「ただ1人だけ、誰とは言わないが、調べて電話をくれた奴がいた」と、1人だけ受賞直後の佐々木監督に連絡をした選手がいたと語った。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] なでしこメンバーからのメールに関するコメントから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77422344?po=news&ref=news#11:02

(土井大輔)

【関連記事】
「なでしこジャパン」が新語・流行語大賞 「ラブ注入」の楽しんごが表彰式を盛り上げる
なでしこジャパンが国民栄誉賞を受賞
澤選手は描きやすい!? 漫画家の西原理恵子とヤマザキマリが画力対決
枝野長官、なでしこジャパンに「国民栄誉賞」の検討指示
なでしこが帰国・優勝会見 澤、ラモスのキス発言には「ほっぺなら」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。