ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

相手の器の大きさを一発で見抜く、究極の質問

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
相手の器の大きさを一発で見抜く、究極の質問

働く環境を一新したい。

そんな人にとって、転職は魅力的な選択肢のひとつだ。

だが、転職する側に心の余裕がないときほど、「選ばれる」ことに熱心になり、相手におもねりがち。こちらが相手を「選んでやる」ぐらいの気概がなければ、その転職は状況をさらに悪化させる危険性がある。

では、「選んでやる」ために、相手のどこを見るべきなのか。人それぞれだろうが、「社長の器の大きさ」を見るというのは、ひとつ重要な視点かもしれない。

そこで今回は、相手の器の大きさを見定めるためのヒントを探るべく、『思い描いた未来が現実になる ゴールドビジョン』(PHP研究所刊)の著者であり、コーチングのプロである久野和禎さんにお話をうかがった。

■「自分を信じる力」が高い人はここが違う

――インタビューの前編では、「付き合う人を変えれば、現状維持に陥らずにすむ」というお話がありました。本書では、ブレイクスルーする上で、「自分を信じる力」の高い人と付き合うことの重要性も説かれていますね。

久野:「自分を信じる力」のことを、コーチング用語で「エフィカシー」といいます。これは、「自分ならできる!」と心から確信している度合いのことです。

自分が目指すゴールの分野で実績を残しているエフィカシーの高い人と付き合えば、その人に引っ張られるようにして、自分のなかのコンフォートゾーンを一気に動かすことができます。

つまり、エフィカシーの高い人と付き合うことにより、ブレイクスルーに近づくことができるわけです。

――では、目の前の人のエフィカシーが高いかどうかを見分けるためには、どうすればよいですか。

久野:まずは、「あなたが目指すゴールは何ですか」と聞けばいいと思います。ゴールとエフィカシーは鶏と卵の関係にあるので、ゴールが高くなるとエフィカシーも高まるし、エフィカシーが高まるとゴールも高まっていきます。

したがって、どれくらい高いゴール設定をしているかを聞くことで、エフィカシーの高さを知ることができるのです。

たとえば、転職の最終面接でベンチャー企業の社長と話す機会に恵まれたなら、失礼にならないような聞き方で「ゴールは何ですか」と質問してみる。「とりあえず上場ですね」といった答えが返ってきたら、そこでさらに、上場の先に何を見ているのかを聞いてみることをおすすめします。

単に上場できればOKなのか、それとも「もっと大きなもの」を実現するための手段として「上場したい」と言っているのかを明らかにする。つまり、その人のなかにある「真のゴール」を把握し、その器の大きさを見定めようとすることが大切なのです。

ただ、相手が自分よりも上のレイヤーにいる場合、相手のエフィカシーがどれくらいなのかを理解することは難しい。

――ということは、自分自身のエフィカシーを高めないかぎり、エフィカシーの高い人とつながることはできないということでしょうか。

久野:その通りです。では、どうすれば自分のエフィカシーを高められるかといえば、これまで知らず知らずのうちに縛られていた、いくつかの「モノサシ」から自由になることが不可欠です。具体的には、お金、時間、他人という三つのモノサシです。

「たくさんお金を稼いでいるほうが偉い」と考えてしまうのは、お金のモノサシにとらわれているからですし、「以前やってできなかったから、今度も無理だろう」と思ってしまうのは、過去にとらわれているという意味で、時間のモノサシに縛られてしまっている。

また、ある女性が「自分の考えを主張するのは怖い」と感じてしまっているのなら、それは「はっきり自己主張する女性はかわいくないので嫌われる」という他人のモノサシに振り回されている可能性があります。

これらのモノサシを一つひとつ外していくことで、自分のエフィカシーは確実に高まっていきます。

――本書では、ゴールドビジョンを実践するにあたり、「心からやりたいこと」を見つけることが重要だとも書かれています。

久野:心からやりたいことが見つからない状態とは、他人の声に耳を傾けすぎている状態ともいえます。

たとえば、子どものころに親から「小さい会社よりも、大きな会社に勤めたほうが安泰」と言われ、大人になった今も、それを真に受けてしまっている人がいたとしましょう。

もちろん、これが100%ウソだとは言いませんが、当てはまらない人がいるのも事実です。大切なのは、そのようなメッセージはあくまで他人の声だと、自分から切り離して考えることです。

――では、どうすれば他人の声から自由になることができるのでしょうか?

久野:設定しようとしている目標が「have to(~しなければならない)」という思いから出てきていないかチェックするのは、ひとつの方法です。

突き抜けるためには、「want to(~したい)」にもとづいて目標を設定することが大切。でも、「心からやりたいことが見つからない」という人は、「have to(~しなければならない)」で発想してしまいがちです。

「want to(~したい)」にもとづき高いゴールを設定しさえすれば、あとは脳が勝手に「そのゴールに辿り着くには、どうすればいいか」と計算を始めてくれる。皆さんにはぜひ、この点を覚えておいていただきたいですね。

――ゴールを設定することから、すべてが始めるのですね。

久野:その通りです。人間の脳が生得的に持っている能力のひとつとして、「ゴールがあると分かると、そのゴールに向かっていく」というものがあります。ゴールを定めた瞬間、人はそれを目指したくなるものなのですね。

この能力があったからこそ、われわれ人類は生き残ることができたともいえます。つまり、目の前に鹿がいたとして、「まぁ、どうでもいいや」と思わずに「捕まえたい」と思う能力があったからこそ、われわれの祖先は飢え死にせずに済んだのです。

(後編へ続く)

【関連記事】

元記事はこちら

「人はほめられるために生まれてきた」 “ほめる教育”の重要性を聞く

欲や煩悩は悪? 「お金欲しい」に対する仏教徒の回答

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。