体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

童話の世界に入り込む!?【北海道・美瑛町】スプウン谷のサワザワ村

童話の世界に入り込む!?【北海道・美瑛町】スプウン谷のサワザワ村 スプウン谷のサワザワ村

北海道美瑛、「マイルドセブンの丘」や「ケンとメリーの木」といった雄大な景色が人気の観光エリア。その「パッチワークの路」に童話の世界への入り口があるって知っていましたか?

「スプウン谷のザワザワ村」は、可愛らしい5つのコテージからなる5組限定の宿泊施設です。村長一家が手作りした「焦がしバター」の壁や、こだわりの設備など、カントリーな暮らしを再現した別世界に出かけましょう。宿泊者専用のビストロメニューも「ふるきよき北国の食卓」として楽しんでほしい自然の恵みがたっぷり入っています♪

パッチワークの路に現れる、スプウン谷のザワザワ村

スプウン谷のザワザワ村

北海道・美瑛といえば、色とりどりの花畑が広がり、大木が手招きするような広大な丘が思い浮かぶでしょう。その丘を走るパッチワークの路に、「スプウン谷のザワザワ村」はあります。溶かしバターのようなこっくりした色合いの壁が特徴的な5棟のコテージと、レンガでできた煙突のレセプション兼オーナー一家の居宅が集まったザワザワ村。

周囲は、あぜ道や農業用道路といった私道となり、宿泊者以外は立ち入り禁止の特別な空間です。宿泊者だけが体験できる、童話の中のような暮らしがそこにあります。冬のザワザワ村

冬のザワザワ村では、雪と共存する日常体験ができます

暮らしを大切にする気持ちを思い出させてくれる

ゲストハウスは、内装もオーナー一家のこだわりが光ります。ほどよく使いこまれたヨーロピアンカントリー調のインテリアに、居心地の良さも抜群のチェア式ハンモック…。

大人同士でも子連れでも、楽しいくつろぎの時を過ごせる居室空間が用意されています。季節ごとの光や空気感、美瑛の暮らしを体感するゲストハウスは、都会の喧騒から離れ、訪れた人たちを癒します。レセプション

アンティーク&カントリーのこだわりの暮らしが見えるレセプション

「ふるきよき北国の食卓」のぬくもりを感じて

宿泊者専用のビストロメニューは、北の大地の恵みを調理した「ふるきよき北国の食卓」がテーマ。その時々の状況でメニューは変化し、この地域の旬を味わう醍醐味があります。

ビストロ料理は一人当たり3800円(税・サービス料込)で完全予約制です。料理に合うワインも別途注文が可能。暖かい料理を素敵な部屋で楽しんでいると、童話の中にいるようで、本当に時間がゆっくりと過ぎるよう。

さらに、モーニングバスケットで届けられる「ザワザワ村の朝ごはん」も、宿泊料金込みで提供。美瑛産の小麦で焼いたパンや、美瑛産ジャージー乳のクレームブリュレなど、地域の恵みが身体を目覚めさせてくれるでしょう。前菜の一例 旬の野菜を美味しく料理してくれるビストロメニュー、前菜の一例北海道産の魚介類に
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。