ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

エイベックス、V6、X21などの音楽パッケージでVRを体感できる新形態「スマプラVR」を順次リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エイベックス、V6、X21などの音楽パッケージでVRを体感できる新形態「スマプラVR」を順次リリース

エイベックス・ミュージック・クリエイティヴは、音楽パッケージ商品の新たな形態として、パッケージ購入者が自身のスマートフォンを利用してVR(ヴァーチャル・リアリティ/仮想現実)映像を楽しめるサービス「スマプラVR」を、3月15日より開始する。

「スマプラVR」とは、VRコンテンツをダウンロードしたスマートフォンを付属のビューアー(視聴機)にセットしてVRの世界を体感できるサービス。360°パノラマVR映像だけでなく、視差付VRが搭載される。この視差付VRとは、裸眼でスマートフォンを見ると同様の映像が2分割された画面に見え、ビューアーを通して見ると奥行きと没入感に浸れるような、“そこに自分が存在する”感覚が味わえるVRだという。

本サービスを搭載したパッケージ商品として、3月15日にX21「Beautiful X」、V6「Can’t Get Enough/ハナヒラケ(スマプラVR搭載はセブンネット限定盤のみ)」、3月22日に原駅ステージA「キャノンボール」、3月29日May J.「Best Of Duets」を順次発売する。

関連リンク

エイベックス・グループ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。