体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NEXT加圧トレーニング。週1回30分でOKの高地トレーニングって?

仕事もプライベートもなんとなくバタバタしている毎日。

いつも後回しになっているダイエットをとにかく効率的にできる方法があれば知りたい。

手軽で効果的なエクササイズとして記憶に新しいのが「加圧トレーニング」。いま、それに次ぐ新たなエクササイズとして注目されているのが「高地トレーニング」です。

週に1度、30分でOKの高地トレーニング

20170202_moikit-2.JPG「高地トレーニング」は、低酸素状態でおこなうトレーニングのことだそう。

「高地トレーニング」といえば、アスリートが心肺機能を鍛えるためにマスクを使ったり、実際に高地へ赴いたりしておこなう”過酷なトレーニング“というイメージがあります。アスリートではない人は、どのように取り入れらたらいいのでしょうか。

そこで、「高地トレーニング」のあらゆる疑問を解決すべく、今回、高地トレーニング専門スタジオ「ハイアルチへ行ってきました。ここは、昨年12月にオープンしたばかり。「ハイアルチ」という名前は「High Altitude(ハイアルチチュード=高地)」の略だそう。

高地状態でのトレーニングをおこなうため、「ハイアルチ」では室内に窒素を送り込み酸素濃度を下げているのだとか。それによって、部屋が丸ごと標高2,500m相当の低酸素状態になります。マスクなどをつけずに低酸素状態でトレーニングができるこのような形態としては”日本初”。

高地トレーニングの方法や効果について、「ハイアルチ」のトレーナー・山賀理恵さんに聞いてみました。

――低酸素状態での息苦しさは? 高山病も気になります。

高度2,500m相当の低酸素状態は、「富士山5合目が標高2,300~2,400m」と言うとイメージしやすいでしょうか。高山病の原因は「気圧の変化」ですが、ここでは室内は常圧のままなので安心です。部屋に入っても、低酸素状態であることに気づかない方がほとんどです。

――トレーニングではどのようなことをしますか?

トレーニングは1種類のみで、自走式のランニングマシーンを使って30分間歩いたり走ったりします。血中酸素濃度を5分おきに計測し、トレーニングに適切な血中酸素濃度を保てるように、その人にあったスピードをトレーナーが指定しながら進めます。トップアスリートが意識を飛ばすような激しいトレーニングではないのでご安心を(笑)。

たった30分、歩いたり軽く走ったりするだけで、その運動効果は2時間運動するのに匹敵すると山賀さん。エクササイズやワークアウトのために2時間空けるのは大変ですが、週に1度、30分でいいなら仕事の帰りでも通えそうです。

――低酸素状態でエクササイズするメリットは?

高地状態に体を慣らすことで、ヘモグロビンやミトコンドリアといった細胞が活性化します。すると心肺機能や持久力が向上し、疲れにくい体になります。スポーツをする方は、パフォーマンスがよくなることを実感できると思いますよ。私も低酸素トレーニングを週に1~2回していたら、フルマラソンでベストタイムを11分も更新して驚きました。

ちなみに、山賀さんは2015ホノルルマラソンで年代別1位、筋金入りのトップランナーです!

20170202_moikit-3.JPG

――美容や健康、ダイエットの効果は期待できますか?

酸素供給能力が高まり、効率よく脂肪を燃焼させることができるのでダイエットにも効果的と言えます。細胞の活性化により美容効果も期待できますし、肩こりの改善や睡眠の質が上がったという方もいらっしゃいます。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会