ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「立春」に聴きたい厳選“春待ちソング”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、立春(4日)にぴったりな“春待ちソング”をお届けします。
森山直太朗「四月になれば」のジャケット写真 (okmusic UP's)

1.「さよならバイスタンダー」/YUKI
●開花前の力を蓄えている状況を応援するような、美しく力強い曲。

「さよならバイスタンダー」は、2017年2月1日発売の最新曲です。ソロデビュー15周年第一弾としてリリースした作品で、アニメ「3月のライオン」のオープニングテーマにもなっています。

疾走感あふれるサウンドに、傍観者(バイスタンダー)に別れを告げて、新しい世界に飛び立とうとする歌詞に勇気をもらえます。そして、YUKIのしなやかな歌声が、とても美しい。彼女の歌声を聴いていると、少しずつ植物が芽吹き始める早春の空気の冷たさ、といったイメージが湧き上がってきます。開花する前、植物が力を蓄えている時期、ちょうど今の季節によく合います。

歌詞、サウンド、歌声の3つが混ざり合い、美しい世界をつくりながら、がんばって春を待つ人を応援してくれる作品です。

(選曲・文/石井由紀子)
https://www.youtube.com/watch?v=ZFshsGiJqmM

2.「君と僕」/東京スカパラダイスオーケストラ
●言葉よりも伝わる、ほっこり、春の予感。

「君と僕」は、口笛とアコーディオンが奏でる2分余りの小品です。愛犬と土手に並んで原っぱを眺めていると、  草の色や陽ざしと空気に、冬の終わりと春が近づいていることを予感する、そんな光景が目に浮かびます。言葉ではうまく言えない、春イコール“ちょっと切ない卒業と、希望に溢れる始まりの季節”の予感。「待ち人来る」のおみくじのように、聴く人の心をほっこりさせてくれます。1990年作『スカパラ登場』収録

(選曲・文/藤原学)

3.「春の声」/ナタリー・デセイ
●ワルツ王が表現した、輝く春の訪れ

『春の声』は、ヨハン・シュトラウスII世が作曲したワルツです。管弦楽版が一般に広く知られていますが、もともとは声楽曲で、春が来た喜びを表現しています。メロディーの美しさと親しみやすさがあり、イントロを聴けば「あぁ、この曲」と思っていただけるのではないでしょうか。

歌唱は、ナタリー・デセイ。細かい音符を高速で歌う超絶技巧を必要とする曲を、余裕をもって軽やかに歌う見事なパフォーマンス。心は一気に春へ向かいます。

(選曲・文/山本陽子)

4.「四月になれば」/森山直太朗
●春生まれのフォークシンガーによる隠れた名曲

森山直太朗さんの代表曲と言えば、オリコン1位に輝いた「さくら(独唱)」ですが、今回は2010年のアルバム『あらゆるものの真ん中で』から「四月になれば」をご紹介します。

春に思いをめぐらせ、待ちわびているかのようでいて、どことなくぶっきらぼうで投げやり。春の歌にしては、少々後ろ向きな印象さえ覚える一曲です。サビで繰り返される〈四月になれば〉〈四月になるさ〉という、どこかやる気のないゆるさもたまらなく魅力的。

人生の期待や不安もひととき忘れて、気だるいフォークソングでのんびり春を待ってみるのも、良いかもしれませんね。

(選曲・文/下森也実)

5.「春よ来い」
●冬来たりなば春遠からじ

昨年末の新潟県糸魚川市大火では、中継される凄惨な映像に全国が震撼しました。糸魚川市はもともとヒスイが有名で、「漬物石まで高値で売れた」という戦前の採掘ブームが報道記録に残されています。

この地のヒスイ埋蔵を、地元の伝承研究から予測していたのが、同市出身の文士・相馬御風(そうま・ぎょふう)。何を隠そう、童謡「春よ来い」の作詞者です。御風はほかにもたくさんの童謡や校歌を手掛けており、作品の多くは今でも歌い継がれています。

雪深きこの糸魚川市のほか、昨年も各地で自然災害が相次ぎました。この冬を辛い環境で過ごされている被災地の、一日も早い復興と暖かい春の訪れを願うばかりです。

(選曲・文/麻布さやか)
さて、お気に召した選曲はございましたか。

ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、楽曲をお楽しみいただければ幸いです。

では、また次回。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。