体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 7.0以上の端末を非公式にDaydreamへ対応させる方法が発見される

Android 7.0 Nouat 以上を搭載した Daydream 非対応スマートフォンで非公式に Daydream を利用する方法が Reddit ユーザーによって発見されました。Daydream には安定動作のためのハードウェア要件が設定されているので、対応機種は Google Pixel などの一部に限られています。しかし、root 化された Android 7.0 以上の端末の場合にはシステムの設定ファイルにある情報を追記することで、VR モードや Daydream アプリが利用できるようになるそうです。この作業の中で必要になるのは、root 化された Android 7.0 以上のスマートフォン、最新の Google VR サービスアプリと Daydream コンパニオンアプリ、root Explorer などのエディタ付きファイルマネージャーです。Daydream 関連アプリは APK Mirror などからダウンロードできます。書き換えを行うファイルは「/system/etc/permissions/handheld_core_hardware.xml」です。これは XML 形式のファイルとなっており、root 権がないと編集できません。このファイルの root permissions セクション内に、

の一行を追記して上書き保存し、端末を再起動すると Daydream の VR モードが起動するようになるとされています。Source : Reddit

■関連記事
Samsung、他社のスマートフォンでも利用できる「Samsung Pay Mini」の提供を発表
「ヤフオク!」で商品をすぐに売買できる「フリマ出品」機能がPC・スマートフォンサイトに対応
Xperia Z5 Premiumの後継モデルの噂、MWC 2017では発表されないらしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会