ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】セレーナ・ゴメス、Netflixの新ドラマシリーズ『13 Reasons Why(原題)』のファースト・トレーラーを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

13-reasons-why-netflix
1月25日(現地時間)にセレーナ・ゴメスが、自身が製作者として関わるプロジェクトであり、これから公開となるNetflixのドラマシリーズ『13 Reasons Why(原題)』のファースト・トレーラーをソーシャルメディア上で発表した。

インスタグラムで1億800万人という世界最大のフォロワーを持つゴメスは、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加する同シリーズのティザーを投稿した。ゴメスはインスタグラムに、「私がNetflixで手掛け、情熱を注いでいるプロジェクトを少しだけ紹介します」とコメントを添え、3月31日からNetflixでストリーミング配信が開始される同シリーズのティザーを披露した。

同名のYA(ヤング・アダルト)小説をもとにした『13 Reasons Why(原題)』は、不気味な声のナレーションと共にトレーラーに現れる“ハンナ”という名の自殺した女子高生を中心に物語が展開する。ハンナは学校のロッカーに腰掛け、カメラをまっすぐに見つめながら、「あなたに私の人生の話をしようと思う。もっと正確に言うと、なぜ私の人生が終わったのかについてを」と、話し始める。

同シリーズのもう1人の中心人物は、クレイという少年だ。彼は、心を寄せていたクラスメイトであった亡きハンナからの、学生ひとりひとりに渡すよう指示のついたカセットテープの入った靴箱を受け取る。ハンナは12人のクラスメイト1人ずつに、彼女の死にそれぞれがどのような役割を果たしたのかと、彼女が自殺に至った13の理由を与え説明する。ハンナはトレーラーで、「真実を知りたかったら、再生ボタンを押して」と、説明する。クラスメイトの1人は、緊張した様子で「1つのことが線のどこかで違っていたら、恐らくこれは起こらなかっただろう」と、語る。

本紙ヴァラエティは、Netflixが原作の小説と最終的な契約交渉を行っていた2015年後半に、『13 Reasons Why(原題)』の第一報を報じた。小説を読んだ後、ゴメスは同作をアノニマス・コンテントに持ち込み、米パラマウント・テレビジョンと共にプロデュースを手掛ける同プロジェクトの指揮を執った。

セレーナ・ゴメスがインスタグラムに投稿したティザーはこちら。


A peek at a passion project I've been working on with @Netflix. @13ReasonsWhy arrives 3/31.

Selena Gomezさん(@selenagomez)が投稿した動画 –



カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。