ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『キングコング:髑髏島の巨神』日本語版吹替キャストにGACKT・佐々木希・真壁刀義が参加!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KONGKONG

キングコングの起源を描くレジェンダリー・ピクチャーズ制作の映画『キングコング:髑髏島の巨神』。その日本語吹替版の声優としてGACKTさん、佐々木希さん、真壁刀義さんの起用が発表されました。

kingkong

GACKTさんが演じるのは、トム・ヒドルストン扮する調査隊リーダーのコンラッド。配給のワーナー・ブラザースは「キングコングに負けない存在感を期待している」とコメントを寄せ、GACKTさん自身も「映画ファンは勿論、『キングコング』を知らない若者達に、このぶっ飛んだ凄さを体験してもらいたい。主人公の声を通じ、作品に関われること、非常に楽しみにしてます」と意気込みを語っています。

佐々木希さんが演じるのは、ブリー・ラーソン演じる写真家ウィーバー役。本作がハリウッド映画の吹替声優初挑戦となります。「ずっと吹き替えに挑戦してみたかったので、とても嬉しく思います。最強のモンスターであるキングコングの迫力ある姿を、スクリーンで見られることも楽しみです!」。

そして、「最高に嬉しいオファーだぜぃ! この映画、そんなに甘くねーぞ! 期待して待ってろよ!」と語る真壁刀義さんは、島の王者キングコング……ではなく、怖いもの知らずのソルジャー役とのこと。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でイモータン・ジョーの息子リクトス・エレクトスの声優を務めた経験と、「暴走キングコング」の愛称を引っ提げてスクリーンに殴り込みをかけます。

『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日より日本公開。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』予告編(YouTube)
https://youtu.be/xkcVZ_3bdj8

映画『キングコング:髑髏島の巨神』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。