ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

エレン・デジェネレス、トランプ大統領の入国禁止令に映画『ファインディング・ドリー』で反論

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
In this photo released by Warner Bros., a taping of

ドナルド・トランプ大統領が大統領令によってイスラム教の主要7か国に住む人々の米国への入国拒否をしている件で、エレン・デジェネレスがユニークな方法で意見を述べた。

デジェネレスは、1月31日(現地時間)の自身のトーク番組で、政治的な発言はしたくないが、トランプ大統領が入国禁止令を出した後、ホワイトハウスで映画『ファインディング・ドリー』を鑑賞することについて検討したいと語った。

2016年に公開された同作は、デジェネレスが声優を務めた健忘症のオーストラリア種の魚、ドリーが、米国にいる両親を探す旅に出るストーリーだ。

デジェネレスは「宗教は分からないけれど、彼女の父親はユダヤ教みたい。でも、そんなの関係ない」と、イスラム教徒に対する入国禁止令を暗示したジョークを交えて語った。

作品では、ドリーと友達が米国に到着するが、彼らの行く手を阻む大きな壁にぶち当たる。

デジェネレスは「彼らは壁を超えなければなりませんでした。でも、信じられないことに、壁は彼らを締め出すために、何の役にも立っていなかったのです」と、トランプ大統領が計画しているメキシコ国境の壁について語った。

ドリーは国境を超えたが、家族とは離れたままだ。幸運にも、ドリーの周囲には彼女を助けたいと願う動物達がいて、その世界に入っていく。

デジェネレスは「動物たちはドリーを必要としていませんし、動物たちとドリーの間には何の共通点もありません。しかし、彼らは色の違う彼女を助けました。それは、困っている人を見たときにあなたが取る行動と同じです」と続けた。

デジェネレスは、政治的な放送が喜ぶようなキーワードを使わずに、入国禁止や国境の壁について自身の意見を述べた。ドリーは差別や巨大な壁で足止めを食らうことはないだろう。

彼女はまた、映画になぞらえたコメントでこの話題を締めた。「来週は映画『ミスター・クレイジー』で女性の権利について話し合いましょう」(デジェネレス)。

自身のコメントとは反対に、デジェネレスは、過去に政治的なメッセージを番組内で使用してきた。最近では、ゴスペル歌手、キム・バレルの同性愛者に対する差別的な発言を含む動画が広がった後、デジェネレスはバレルの出演をキャンセルした。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。