ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

入って一週間の僕を殴りたがるアルゼンチン人のプロボクサー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

EP128

入って一週間の僕を殴りたがるアルゼンチン人のプロボクサー

ダイゴです。

僕、週1、2回のペースで、小さいジムで、 ボクシングやってたんです。

 

ある時、外国人がサンドバッグ叩いてて、 通訳っぽい人もいる。

ハビエル・アルベルト・ママニ」っていう、 アルゼンチンの選手だった。試合を1週間後に控えてるから、 調整のために来てる。

 

で、そのママニが、僕のことチラチラ見てる。 通訳の人が 「ママニが、僕とスパーリングをしたい」 と。 「いやいやいや、僕、練習生だよ。 スパーリングなんか、一回もしたことないから 無理だ!」って言ったんだけど、 でも 「どうしてもしたい」 って言って聞かないんです。

 

仕方ないからスパーリングは出来ないけど、 マスボクシングっていう、寸止めをやったんです………

迫力がすごい!

背もでかいし、世界ランカー。

それに、ちょっと本気も出してくる。

 

2ラウンド終わったら、 ママニがすごいニコニコで、 サインくれたり、握手したり、 いっしょに記念撮影したり。

やけに親切で、通訳の人に聞いたら、 ハビエル・アルベルト・ママニって、22勝4敗。

その4敗の中の、一番悔しい負け方をした ロシア人に、僕が似てたんだって………

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。