ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

計画無痛分娩を希望したはずが…時間外に来てしまった陣痛に「こんなはずじゃなかった…!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923201726j:plain

長女の出産では『鉗子分娩』『癒着胎盤』『子宮内反』という珍しいことが次々と起こり、散々痛い思いをした私。2人目を妊娠した時に思ったのは「今回は絶対に無痛分娩にしたい!」という強い希望でした。

無痛分娩と言っても方法は様々。私が選んだクリニックは「計画無痛分娩」でした。分娩予定日をあらかじめ決めておき、その前日に入院。翌日朝に無痛の処置を行い、誘発剤を使って少しずつ分娩を進める、というものです。陣痛の痛みを最初から最後まで感じずに済む、というのが私にとっては非常に魅力的でした。

私も例外なく前日に入院しました。翌日の出産に備えて早めにベッドに横になったのですが、夜中の0時過ぎ、おなかの鈍い痛みで目が覚めました。前駆陣痛だろうと思ってしばらく様子を見ていたのですが、どうにも痛みが繰り返しているような気がします。

念のためスマホの陣痛アプリで測ってみたところ、きっちり15分おきに痛みが来ていることがわかりました。「時間外の出産の場合は無痛処置不可」と言われていたのを思い出し、血の気が引きました。

「痛いのは気のせい」と自分に言い聞かせてなんとか寝てしまおうとしたのですが、痛みは増すばかり。観念して助産師さんを呼び内診してもらったところ「子宮口4センチくらい開いてるね~。2人目だし、朝までに産まれちゃうかもね」とのこと。 関連記事:自然分娩の辛さを体験した上の子も、無痛で穏やかに産んだ下の子も、二人とも宝物!

その後間もなくおしるしもあったので、仕方なく夫へも連絡しました。その時点でまだ午前3時。

「無痛ができるっていうから2人目産むことにしたのに!」

「こんなはずじゃなかった…!」

駆けつけた夫に悔しさをぶつけつつ波のように襲ってくる陣痛に耐え、分娩室へ移動したのが午前5時半ごろ。このままだと『時間外』ではなくなる午前8時までには産まれてしまいそうです。

(結局このまま産むしかないのね…)とあきらめかけたその時、医師が滑り込むように分娩室へ入ってきて、助産師さんに「無痛の準備してあげて!」と。

健診や母親学級で『絶対無痛がいいんです~~!!』と私が必死に主張していたのを覚えていてくれたらしく、特別に処置してくれたのです。

麻酔を入れると、次の陣痛、その次の陣痛…と徐々に痛みが和らいで行き、最終的には嘘のように痛みを感じなくなりました。さっきまでは私のうめき声が響いていた分娩室も、すっかり静かになりました。

「お腹が張ってくる感じがあったら教えてね」と言われたのでじっと感覚を研ぎ澄ませ、「あ、今ちょっと張ってます」と伝えると「じゃあいきんで」と言われていきみます。何度か同じことを繰り返しましたが、感覚がないので状況がよくわかりません。

(あとどれくらいかかるのかな、長女の時はここからが大変だったんだよな…)などと考えていると、唐突に「よーし、次で産まれるよー」と言われて驚きました。

驚きのあまり、産むのは私なのに「え、もう産まれるんですか?」と間抜けなことを聞いてしまいました。

その後すぐ、無事次女が誕生。静かで冷静で楽しいお産で、「産まれたねえ」「かわいいねえ」という会話を楽しむ余裕も十分にありました。当たり前ですが会陰切開もその縫合も全く痛くなく、長女の時と比べて本当に楽でした。麻酔を入れてもらうまでは「予定と違う!痛い!」と半泣きでしたが、麻酔後は驚きと喜びでいっぱいで、時間外でも麻酔に対応してくれた医師に感謝しきりの次女の出産でした。

でも、もし次があるのなら、最初から最後まで無痛がいいな…。 関連記事:痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア

著者:みかん

年齢:30代半ば

子どもの年齢:4才9ヶ月、1歳8ヶ月

地方在住のワーキングマザー。元気のよすぎる娘たちに付き合わされて毎日ヘトヘトです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

計画無痛分娩のはずが…
痛みを感じなければ愛せない…なんて絶対ない!私が計画無痛分娩を選んだ理由 by ユーラシア
急遽の無痛分娩

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。