ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

オフロードもらくらく走行!電動スケートボード『TEZCA Boards』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

tech-170128-tez1ここ最近のクラウドファンディングサイトには、電動スケートボードというものが次々に登場している。

今まではありそうでなかった、動力付きのスケートボード。それはなぜかといえば、ボードに設置できるだけの小さいバッテリーが存在しなかったからだ。しかし今では1回の充電で数時間の長持ちが利くバッテリーも珍しくなくなった。

2017年は、電動スケートボードの開花期になるだろう。

強力ギアボックスで時速30km

tech-170128-tez2そんな中、『Kickstarter』からこのような製品が登場した。『TEZCA Boards』は地形を選ばない電動スケートボードという触れ込みだ。

従来のスケートボードとは違い、車輪がボードからはみ出す形で配置されている。車輪径も非常に大きい。こうして得たキャパシティーに、ギアボックスシステムやサスペンションを詰め込んでいる。

最高時速は30km、移動距離は15kmというカタログスペックである。その上で、先述の通りオフロード走行をも可能にしているのだ。

日本での走行は…

tech-170128-tez3商品化が実現すれば注目すべき新型モビリティーになるはずだが、問題もある。それは我が国日本では公道走行ができない、ということだ。

何しろ、最大時速30kmの乗り物である。道路交通法に触れるのは当然だが、それ以上に日本の道路はアメリカやメキシコのそれとはまったく違う。幅が狭くカーブも多い道路では、乗り物の安全性が厳しく問われることになる。日本の公道での利用は難しそうではあるが、楽しみなアイテムの一つだ。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。