ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠中の受動喫煙の恐怖!タバコをやめない夫を泣きながら説得した私

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923195317j:plain

私は妊娠が発覚するまでは、ヘビースモーカーでした。

ところが、妊娠がわかり、重度のつわりが続いたことで自然とタバコを吸いたくない、匂いを嗅ぐだけでも気持ち悪くなってしまう体へとシフトしていきました。

タバコをやめるのは苦労するだろうなと思っていたので、すぐにやめられたことを自分で感心していました。

妊娠2か月の時、産婦人科の受診の時に主治医の先生とお話していて、タバコを自然にやめられたという話になりました。

タバコの有毒性や胎児に悪影響があることは妊娠の最初の検査で先生から言われていましたので、やめられて良かったということで退席しようとしたところ・・・。ふと先生が「周りでタバコを吸っている方はいらっしゃいますか?」と聞いてきました。

「夫は、まだ吸っていますが、吸う場所を部屋からベランダに移して、私の前では吸わないようにしてくれています」と先生に話すと、「うーん、すぐにやめるように旦那さんとお話できますか?妊婦さんがやめるだけじゃなくて、一緒に住んでいるご家族もタバコをやめないと意味がないですよ」と言われてしまいました。

副流煙は、早産など胎児に影響を与えてしまう危険性があるのは重々承知でした。が、外で吸ってるから大丈夫じゃない?というのが本心でした。

そんな心を見透かしたように、先生は続けて説明してくれました。ベランダで吸っていてもレールとサッシのすき間から、目には見えない煙が部屋の中に入ってきていること。喫煙者の吐いた息や衣類にも、大量の有害物質が含まれていることを教えてくれました。

それを知った後、「お腹の子に影響が出てしまうのでは・・・」と怖くなってしまい、すぐ夫に「ちょっと緊急の今夜話し合いが必要」とLINEを送りました。 関連記事: 「赤ちゃんの存在が私の人生を動かした」元アナ・前田有紀さんのコメントで思い出した変化 ~元ニコチン依存症の私の場合~

妊娠がわかった時、夫は「タバコはやめない!外で吸えば大丈夫!」と突っぱねていました。そこまで言うなら別にいいかなと諦めていたのですが、先生の話を聞いた後だと、絶対にやめさせなければ!という気持ちが大きくなりました。夫が帰ってきてすぐに「タバコをきっぱりやめてほしい」と伝えました。

最初は「ちょっとなら大丈夫なんじゃない?」「急にはやめられない」「会社の喫煙所で吸う」などとごねていました。ここまで言ってもやめないということに、すごく腹が立ってしまった反面、自分の認識の甘さも原因だと悲しくなってしまいました。

「この子に何かあったらどうするの?」「吸うなら、近づかないでほしい。抱っこも禁止!」と私が泣きながら訴えると、何も言い返せないようで、渋々やめることを納得してくれました。

最初は会社の喫煙所ではいいけどベランダで吸わない、帰ったら歯磨きうがい、すぐに着替えるから始め、徐々に本格的な禁煙へ。

今では夫も完全な禁煙をしているのですが、認識が甘いままベランダで吸われていたらと思うとぞっとします。リスクを夫婦間で共有すること。とても大切なことだと感じました。 関連記事:ショック!夫も私も吸わないのにまさか…。たばこの誤飲で胃洗浄することになった娘

著者:bianao

年齢:20代後半

子どもの年齢:0歳2か月

今年5月に出産した、現在初めての育児に奮闘中のママライターです。出産・育児について体験談を交えつつ、面白可笑しく、そして詳しくお伝えしていきます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

最近やけに二日酔いが長引くと思ったら…。えっ!? まさかのつわり!?
産まれる前からお姉さん
自覚症状もなく、妊娠報告もまだできない。もどかしい気持ちでいっぱいだった妊娠6週

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。