ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ダイナミックな自然に癒される…世界遺産、熊野古道さんぽ【和歌山】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ダイナミックな自然に癒される…世界遺産、熊野古道さんぽ【和歌山】 熊野古道 大門坂

冬の旅行はどこへ行こうかな~。と悩んでいる方必見!

そんな時は、温泉や鮮魚、観光地など見どころがたっぷりな和歌山がおすすめ。

今回は、世界遺産に登録されている熊野古道をはじめ熊野那智大社、歴史のある那智山青岸渡寺、ダイナミックな那智の御瀧(飛瀧神社)など、自然のスケールを感じられる、様々なご縁が授かれそうなスポットをご紹介します。

雄大な山並みが抱く悠久の絶景と出会える和歌山で、今年の初散策&初詣を楽しみませんか?

熊野古道 大門坂

古(いにしえ)より熊野詣で歩かれた

杉木立に囲まれる石段の道。

熊野古道 大門坂 遠い昔に想いを馳せながら神秘の道を歩いて、熊野那智大社へお参りに熊野古道 大門坂

入口では樹齢800年の夫婦杉が迎える

かつて坂の上に大きな門があったことから「大門坂」と呼ばれるようになったそう。関所跡から熊野那智大社へ約640mの石段の道が続く。高低差は約130mあり、杉並木と石畳が古の風情を今に残している。 熊野古道 大門坂(くまのこどう だいもんざか)

TEL/0735-52-5311(那智勝浦町観光協会)

住所/東牟婁郡那智勝浦町那智山

アクセス/紀勢道すさみ南ICより1時間15分

駐車場/100台(無料)

「熊野古道 大門坂」の詳細はこちら

熊野那智大社

473段の石段の上に建ち

「八咫烏(やたがらす)」でも有名な大社。

熊野那智大社

社殿は標高約350mの場所に建つ

「結の宮」とも呼ばれ、人との縁だけでなく様々な願いを結んでくれる社として多くの人に崇められてきた。境内には、「八咫烏」の烏石があり、樹齢約850年の大楠が茂っている。 熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

TEL/0735-55-0321

住所/東牟婁郡那智勝浦町那智山1

営業時間/5時30分~16時30分

定休日/なし

料金/境内は無料。宝物殿は大人300円、小中学生200円

アクセス/紀勢道すさみ南ICより1時間30分

駐車場/30台(1台800円)

「熊野那智大社」の詳細はこちら

那智山青岸渡寺

三重の塔と御滝の絶景を見渡す古刹。

那智山青岸渡寺 三重の塔と御滝の雄大な景色を眺められる那智山青岸渡寺

風格ある本堂は国の重要文化財に指定されている。心静かに手を合わせて

歴史は飛鳥時代に遡り、現在の本堂は桃山時代に豊臣秀吉の発願で建築され、熊野地方最古の建造物といわれている。西国三十三ヶ所第一番札所としても全国に名を馳せる。 那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)

TEL/0735-55-0001

住所/東牟婁郡那智勝浦町那智山8

営業時間/5時~16時30分

定休日/なし

料金/境内は無料。三重の塔は大人300円、小中学生200円

アクセス/紀勢道すさみ南ICより1時間30分

駐車場/100台(1台800円)

「那智山青岸渡寺」の詳細はこちら

那智の御滝(飛瀧神社)

なんと高さは日本一!

ダイナミックな御滝は圧巻。

那智の御滝(飛瀧神社)

飛瀧神社の御神体として畏敬を集めてきた那智の御滝は、日本三大滝の一つ。高さ133mから流れ落ちる圧巻の風景や、滝壺の深さ10m以上というスケール感に思わず感嘆の声があがる。 那智の御滝(おたき)(飛瀧神社(ひろうじんじゃ))

TEL/0735-55-0321(熊野那智大社)

住所/東牟婁郡那智勝浦町那智山

営業時間/7時~16時30分

定休日/なし

料金/境内は無料。お滝拝所舞台の参入は大人300円、小中学生200円

アクセス/紀勢道すさみ南ICより1時間30分

駐車場/なし(近隣に有料駐車場あり)

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

カキ、ひらめ…冬グルメ満載!平戸・佐世保で「美味しい」女子旅【長崎】
美しき日本の原風景!世界遺産・白川郷で冬遊び【岐阜】
思う存分カニ!カニ!カニ!ハイアットリージェンシー大阪のブッフェ「クラブカーニバルPlus」がスゴすぎる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。