体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

回答率100%!? 希望通りの飲食店を探してくれるグルメチャットアプリ『ペコッター』の裏側とは?

f:id:tany_tanimoto:20170201154140j:plain

仕事の接待や思いを寄せる人との食事において、お店選びは明暗を分ける大事な選択。相手を満足させるべく、味や雰囲気、予算などさまざまな条件をクリアする店探しに翻弄される人も少なくないだろう。また、出張先などでふらっとどこかへ立ち寄りたくなったときにも、近場の飲み屋情報があればありがたいもの。

そんなとき役に立つのが、回答率100%で話題のグルメチャットアプリ『ペコッター』だ。ペコッターは、行きたいお店の要望などをチャットに書き込むだけで、イメージキャラクターの「はらぺこ君」や、ユーザーからおすすめのお店情報が寄せられるというiOS専用アプリ。回答まで約5分というスピード感も然ることながら、行きたいお店が決まったらすぐに予約を代行してくれるという、なんともありがたいサービスを兼ね備えている。突然店探しの必要に迫られても、忙しくて予約の電話をかけられなくても、ペコッターに問いかけるだけですべてが解決するのだ。

f:id:tany_tanimoto:20170201154210j:plain

チャット形式でお店を探せるグルメQ&Aアプリ「ペコッター」(アプリダウンロードページ:http://bit.ly/PECOTTEr

そもそも、なぜたったの5分足らずで100%回答することができるのだろうか。ペコッターに対するさまざまな疑問を、サービスを運営している株式会社ブライトテーブル代表取締役で開発者の松下勇作さんに伺った。

◆会社員時代の同期が気づかせてくれた“食卓を囲む”大切さ

――ブライトテーブルを立ち上げる前は、どんな仕事をしていたのですか?

松下勇作さん(以下、松下):東京大学の生物化学専攻で人間の細胞の仕組みについて学び、博士課程まで進みました。でも、家庭の事情で中退して、金融系のシステムを作る会社に就職したんです。そこで3年ほど働いたのちに、独立してブライトテーブルを立ち上げました。

――飲食とはかけ離れた世界にいたんですね。「食」を事業の中心に据えたのには、なにかきっかけがあったのですか?

松下:会社員時代、同期の飲み会を僕が取り仕切ることが多かったのですが、それぞれ忙しくなるにつれて、飲みの機会が減っていったんです。それと同時に「心が折れた」って会社を辞めていく同期も出てきて、彼らの話を聞いているうちに、もし一緒に飲む時間を作っていたら立ち直れたのかもしれないって感じて。それから、「テーブルシェア(※SNSのつながりを利用したオープンな食事会。”日程が合う人同士で””友人を誘って”など、より幅広い交流が期待できる)」という形で「食卓をシェアしよう」「理由はないけど飲み会しよう」と社内ではじめました。

ちょうどそのころ、たまたまベンチャーキャピタルの友人からビジネスコンテストの話を聞き、「テーブルシェアを事業化するなら」と、興味本位で出場したんです。ずっと頭の中にあった「食卓を囲むこと」の大切さを事業にしたらどうだろうって思って。

――それから、起業の道に進んだんですね。

松下:2年くらいはテーブルシェアのサービスをしていました。でも、オンラインでかんたんにコミュニケーションが取れる時代に、あえて「オフラインで会う」ことをサービスにするというのは、時代に抗うような形になってしまって、いまいちうまくいかなかったんです。

新たなサービスを模索していたところ、ふと地下鉄のホームで周りを見渡したら、みんなスマホで何か検索してるんです。ちょうどその頃、地下でも電波が通じるようになったんですよね。それを見ていたら、「小さい画面でいろんなお店の口コミを読み比べるのは厳しいだろうな」って感じて。そこから「ペコッター」のアイデアが生まれました。要は、「みんなが不便に感じていること」にパッチ(解決策)をあてる発想です。そこから1年くらい開発に専念して、2015年の3月にリリースしました。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。