ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置いても意外とおさまりがいい。無造作な感じが逆に洒落て見えたりして。

「INDIGO LABEL」は、本格的なアウトドア仕様でありながら、インテリアとしても機能するブランドだ。名前の通り、INDIGOプリントをモチーフに、テントからバックパックまでが揃う。

例えば、「外でも家でも使いたい」あるいは「キャンプとか行かないけど、インテリアとしてアウトドアを取り入れたい」という人にオススメするなら、このあたり。

INDIGOカラー&高さのある背もたれが、いい感じ。

結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

キャンプシーンでは定番の折りたたみ式のチェア。いろんなサイズやデザインのものが発売されているけれど、「INDIGO LABEL」のレイチェアはカラーと背もたれに注目だ。

ブランドのアイコンでもあるインディゴカラーは、自然の中でも室内でも馴染むのが特徴。肘掛けやフレームのカラーリングも、インテリア向き。

一方、背もたれが高いところもポイント。映画を観たり、音楽を聴いたり、うたた寝したり…。 

テーブルにレイアウトするだけで、サマになる。

結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

ランタンは2種類。

左のルミエールランタンは、2017年の新作で、クラシカルなゴールドフレームが雰囲気バツグン。「INDIGO LABEL」のデザイン性の高さが伺える。

右のノーススターLPガスランタンは、昨年からヒット中のブランドの定番。こちらはオリジナルの専用ケースも付属。

どちらもテーブル上に置くだけで、食卓がグッと洒落て見える。

そこいらの布団よりもイケてるスリーピングバックは、来客用としても。

結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

「INDIGO LABEL」のアイテムでコーディネイトしたテント内。このなかで推したいのが、エアベッドの上にセットされているスリーピングバック(寝袋)だ。

オリジナルファブリックは、ちょっと派手に見えるかもしれないけど、インディゴカラーのみなので、案外どんな部屋に置いてもいい雰囲気に。

用途はそのまま布団として使ってもいいし、毛布のようにかけたり、あるいはベッドカバーとしても。コンパクトに収納できるので、来客時の布団としてストックしておくのもあり。

コンセプトは“ボーダーレス”

「INDIGO LABEL」は、ColemanとMonroのコラボレーションによって生まれたレーベルだ。両者ともアウトドアに強いブランドだけれど、「INDIGO LABEL」のコンセプトはBORDERLESS(ボーダーレス)。

アウトドアとかインドアっていう垣根を越えたところで、自分のスタイルを楽しもうという提案は、多くの人に響くと思う。

ちなみにデビューシーズンの2016年には、アイテムによっては即完売なんてこともあったようなので、気になる人はZOZOTOWNによる先行予約をチェックしたほうがいいかも。

下は、レーベルの世界観が垣間見える「INDIGO LABEL CAMP」のムービー。上で紹介したアイテムも登場してる。

関連記事リンク(外部サイト)

ColemanとMonroが手がける『INDIGO LABEL』は、食にだってこだわるブランドだ!
「Coleman」が本気で作った女性向けアウトドアアイテム6つ
施設全体が自然のフィールド「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、ファミキャン層にこそおすすめしたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。