ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界で一番寒い村。−52℃の日常風景

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
世界で一番寒い村。−52℃の日常風景

業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。さらに内陸に位置するオイミャコン村は、1月の平均気温が-50℃で、過去には-72℃を記録したこともあります。

そこを旅したフォトグラファーが撮影した、ヤクーツクとオイミャコンのありふれた日常をご紹介します。

いざ、オイミャコン村へ

世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 ドアを開けると、目に見えるほど冷気が一緒に入ってくる。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 オイミャコン村へと続く、唯一の道。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 うかつに「外に出したまま」にはできない。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景

ヤクーツクやオイミャコン村では野菜が育たないため、主食は肉や魚。露地売りしていても、常に天然のフリージングがされている、新鮮なまま。

撮影する指が凍結する世界

世界で一番寒い村。−52℃の日常風景

これらの写真は、ニュージーランドに住む旅行写真家エイモス・チャップルさんによるもの。

「世界で一番寒い」という言葉に魅力を感じ、村を訪ねたといいます。初日の気温は、-52℃。寒さのあまり、フォーカスやズームリングが凍り付き、撮影2時間でカメラが故障してしまったそう。

「村全体の様子を撮ろうとラジオの電波塔に上ったんだけど、あまりの寒さに手が震えてシャッターが押せなかったんだ。だから手袋を脱いでなんとか撮ったんだけど、今度は親指が凍っちゃって…。手をポケットに突っ込んですぐにゲストハウスに戻ったんだけど、2週間くらい親指の皮が日焼けしたみたいにむけちゃっていたよ…」

世界で一番寒い村。−52℃の日常風景世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 牛舎にも暖房がついている。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 トイレは外にある。地面が凍って配管できないからだとか。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 たぶん、窓は開かない。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 村にひとつしかない、日用洋品店。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景 川は、当然凍っている。世界で一番寒い村。−52℃の日常風景

バスを待つ、女性。

 

村には村の
フツーの暮らしがある

フォトグラファーのチャップルさんが、ヤクーツクの街とオイミャコン村で撮影したのは2日間。

その間、極寒には悩まされたものの、ヤクーツクの街にはショッピングモールやレストランやバーなどが立ち並び、ロシアの他の都市とあまり変わらないという印象だったそう。

ただし、

「バーをはしごするときは、ビールを手に持ったまま外に出ないこと。次のバーに着くまでには中身が凍ってしまうからね」

Licensed material used with permission by Amos Chapple

関連記事リンク(外部サイト)

世界中の「おはよう」を集めた風景写真が美しい・・・
ネパール地震で全滅した「世界一美しい村」の復興を、映画で応援
英国の雰囲気たっぷり。京都にある「ドゥリムトン村」がおとぎ話に出てきそう・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。